国内最高! 東京駅前に390mビル…三菱地所が再開発 画像 国内最高! 東京駅前に390mビル…三菱地所が再開発

インバウンド・地域活性

 国内で最も高い390メートルの超高層ビルの開発プロジェクトが動きだした。三菱地所が8月31日、東京駅日本橋口前の常盤橋地区(東京都千代田区、中央区、敷地面積約3・1ヘクタール)で計画している再開発プロジェクトの概要を発表。同日、東京圏国家戦略特別区域会議の東京都都市再生分科会で同地区を対象とした都市再生特別地区の素案が示され、都市計画手続きが始まった。
 計画によると、総延べ床面積が約68万平方メートルに上る4棟(A~D棟)のビルを建設する。そのうち高さ390メートルの超高層ビルのB棟は、地下5階地上61階建て延べ約49万平方メートルの規模となる。大阪市阿倍野区にある「あべのハルカス」(高さ300メートル)を抜いて国内で最も高いビルになる見通しだ。本年度中の都市計画決定を経て、16年度に市街地再開発事業の認可と権利変換計画の認可を取得。17年度に初弾の工事を始める。超高層ビルは23年度に着工する予定だ。27年度の全体竣工を目指す。

三菱地所/東京駅前に国内最高390mビル/常盤橋地区再開発の概要公表

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. 東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

    東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 富裕層インバウンドの法則その8

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  8. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  9. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  10. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

アクセスランキングをもっと見る

page top