インドネシア、スマートフレンの4G LTE-AdvancedサービスをZTEがサポート 画像 インドネシア、スマートフレンの4G LTE-AdvancedサービスをZTEがサポート

IT業務効率

最高性能のモバイルブロードバンドサービス4G LTE-Advanced
ZTEは、8月26日、PT スマートフレン テレコムが8月19日からサービス提供を開始している4G LTE-Advancedの事業を支援していることを発表した。

同サービスは、FDD-LTEおよびTDD-LTEの両規格をサポートしており、インドネシアにおける通信エリアは、既に主要22都市をカバーしている。

また、eNB(evolved node B)、クラウド無線、eHRPDなど、ZTEの提供する最高の4G LTEソリューションを配備しており、ユーザーは、マルチメディアストリーミング、オンラインゲーム、クラウドストレージ、ビデオ会議などをより良い環境で利用できるようになるという。

インドネシアにおいて、ハイブリッドTDD/FDD LTEとCDMAの両ネットワークをサポートするサービスが提供されるのは初めてのこと。

ZTEの強力なOCSシステムを活用することで、裕福層ユーザーの獲得を狙う
スマートフレンは、今年6月にLTEスマートフォンのAndromaxシリーズと携帯型Wi-Fiデバイスをリリースしたばかり。

スマートフレンのCEOであるポール・ホッジス氏は、「4G LTE-Advanced技術がお客さまにとって多くの機会を切り開くものとなり、インドネシアの経済成長を支える背骨としての情報通信技術産業をさらに促進させると考えています。」(プレスリリースより)
とコメントしている。

今回の提携により、スマートフレンは、ZTEの主力商品であるオンライン課金システム(OCS)のメリットを活用し、柔軟性のある料金パッケージを提供することで、裕福層ユーザーの獲得を狙っている。

また同社は、最高の4G LTE技術をインドネシアにもたらすことで、通信速度の高速化だけでなく、安定性と信頼性を向上させたいとしている。

スマートフレンの4G LTE-AdvancedサービスをZTEがサポート

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

    外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  3. アウディ、バーチャルリアリティ体験をディーラーに導入開始

    アウディ、バーチャルリアリティ体験をディーラーに導入開始

  4. 自動運転SoC向け高速SRAM……ルネサス

  5. 熊谷組、音声入力アプリで水準測量作業を効率化!測量から結果出力までがiPad一つで

  6. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  7. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  8. スマホの”マイク”を活用した製造工場向け屋内測位システムが登場

  9. 話題のスマートロックを探る!

  10. 【新連載・立入勝義の米国レポート】大丈夫か?日本のマイナンバー

アクセスランキングをもっと見る

page top