日本人による国内旅行が好調に推移、観光庁の4-6月期動向調査より 画像 日本人による国内旅行が好調に推移、観光庁の4-6月期動向調査より

インバウンド・地域活性

 観光庁は平成27年4-6月期の日本人国内旅行の動向調査における速報値を発表。旅行消費額は約5.6兆円にのぼり、前年同期約4.7兆円から18.3%と2ケタ台の成長を記録した。

 なお、調査の内訳として、宿泊旅行は約4.1兆円となり、前年同期約3.4兆円から19.3%のプラス、日帰り旅行は約1.5兆円で、同約1.3兆円から15.6%のプラス成長となった。

 一方、日本人の国内旅行者の述べ人数をみると、約1億6600万人と前年同期約1億6400万人から1.6%増とほぼ横ばい。内訳を見ると宿泊旅行は約8000万人で前年同期約7400万人から8.5%ののびだったものの、日帰り旅行は約8600万人で同約9000万人から4.1%のマイナスとなった。

 旅行者数こそ全体ではほぼ横ばいながら、消費額では2ケタの高い伸びを示した日本人による国内旅行市場。中国人による“爆買い”に象徴されるように、昨年から今年にかけて訪日外国人観光客が国内の旅行・観光関連産業の業績を大きく押し上げてきた。しかし、その一方で日本人向けの関連商品・サービスも、決して見逃せない成長を見せている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】蔵元の若手が集まり名古屋の地酒をPR……ナゴヤクラウド

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  8. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

  10. みずほ銀行前本店ビル解体着手。丸の内1-3計画が始動!

アクセスランキングをもっと見る

page top