IoTを活用した区画オーナー制の農園ビジネス「こっそり農遠」! 第1弾はイチゴ 画像 IoTを活用した区画オーナー制の農園ビジネス「こっそり農遠」! 第1弾はイチゴ

インバウンド・地域活性

 ファインシードは31日、農園の区画オーナーを募るスマホアプリ「こっそり農遠」の第1弾として、イチゴ農園「難波ファーム(岡山市北区高松)」での募集を開始した。

 「こっそり農遠」は、募集したオーナーに実際の農園を区画ごとに割り当てるサービス。オーナーは区画ごとに設置されたライブカメラを利用し、24時間いつでもスマホから農園作物の育成状況を確認したり、収穫や出荷の指示を出すことが可能。新鮮な収穫物を自宅へ配送したり、ギフトとして贈ることもできる。

 ファインシードではオーナーとして、「手軽に農作物の栽培を体験してみたい、自然に触れ合いたい人」「全国各地のおいしい農作物をたくさん食べたい人」「自分のふるさとに貢献したい人」の利用を想定しているという。区画ごとのレンタル制となり、一区画のレンタル料金は月額3980円。農園のある都道府県の出身者、在住経験者などは1980円と割安で利用できる(ともに税別)。

 農園事業者にとっては、事前に区画オーナーを募集することで収入の安定化が期待できる。農園をネットワークにつなげる、いわばIoT(Internet of Things=モノのインターネット)による新たな農業ビジネスのスタイルだと言えるだろう。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  6. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. 宮城県の松島水族館跡地活用、観光複合施設に/事業者は丸山

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

アクセスランキングをもっと見る

page top