IoTを活用した区画オーナー制の農園ビジネス「こっそり農遠」! 第1弾はイチゴ 画像 IoTを活用した区画オーナー制の農園ビジネス「こっそり農遠」! 第1弾はイチゴ

インバウンド・地域活性

 ファインシードは31日、農園の区画オーナーを募るスマホアプリ「こっそり農遠」の第1弾として、イチゴ農園「難波ファーム(岡山市北区高松)」での募集を開始した。

 「こっそり農遠」は、募集したオーナーに実際の農園を区画ごとに割り当てるサービス。オーナーは区画ごとに設置されたライブカメラを利用し、24時間いつでもスマホから農園作物の育成状況を確認したり、収穫や出荷の指示を出すことが可能。新鮮な収穫物を自宅へ配送したり、ギフトとして贈ることもできる。

 ファインシードではオーナーとして、「手軽に農作物の栽培を体験してみたい、自然に触れ合いたい人」「全国各地のおいしい農作物をたくさん食べたい人」「自分のふるさとに貢献したい人」の利用を想定しているという。区画ごとのレンタル制となり、一区画のレンタル料金は月額3980円。農園のある都道府県の出身者、在住経験者などは1980円と割安で利用できる(ともに税別)。

 農園事業者にとっては、事前に区画オーナーを募集することで収入の安定化が期待できる。農園をネットワークにつなげる、いわばIoT(Internet of Things=モノのインターネット)による新たな農業ビジネスのスタイルだと言えるだろう。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

    茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  4. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  5. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  6. 東京都の技能人材育成大賞に中野の縫製工場、作業動画の共有など

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  9. “甘いお米”をプロが発掘! 「お米番付2015」の入賞米決定

  10. 「コメの文化」と我が国のバス事業

アクセスランキングをもっと見る

page top