海外の日本食レストランと連携で農産物輸出強化へ、農水省が来月検討委員会設置 画像 海外の日本食レストランと連携で農産物輸出強化へ、農水省が来月検討委員会設置

海外進出

 農水省は、海外の日本食レストランを食文化の発信拠点とし、各地で日本食の人気を高めることで、農産物の輸出拡大につなげる取り組みを始める。同省の調査で海外の日本食レストランが過去最大の約8万9000店舗に増え、国産食材のブランド力向上や需要増大が見込めると判断。9月10日に検討委員会を立ち上げ、店舗のネットワーク化や調理技能の向上をテーマに具体策の検討に着手する。  同省の調査によると、今年7月時点で海外の日本食レストランは約8万9000店舗あり、前回調査(2013年1月)の1.6倍となった。地域に関係なく店舗が増えていたことから、「日本食への関心が一層高まっている」(林芳正農相)と分析。レストランと連携した農産物の輸出拡大に乗り出すことにした。 その実現に向けて、同省は有識者らでつくる「日本食・食文化の普及検討委員会」を立ち上げる。日本食や食文化の魅力の発信方法を検討するのが役割で、15年度末までに方向性を取りまとめる。 検討の柱の一つが、国産食材を積極的に活用するレストランを「サポーター飲食店」としてネットワーク化することだ。これに選ばれた店舗は、民間団体のマッチングで食品メーカーなどから国産食材を仕入れやすくなる。店舗は本場の食材にこだわった店として、他店との違いを打ち出せる利点もある。 日本食料理人の技能認定制度の創設も議論する。知識と技能が一定レベルに達した料理人を民間団体が認定し、本場に近い日本食を提供してもらうことで、ブランドイメージの向上につなげる。本場の日本食の調理を学ぶ機会がないまま店舗を営業し、日本食のイメージを下げている事例があることから、調理技能の習得も支援する。 同省は「海外で日本食のファンを増やし、国産食材の消費拡大につなげたい」(外食産業室)と意気込む。 同省は農林水産物・食品の輸出拡大へ、(1)世界の料理界で日本食材の活用を推進する「メードフロム(F)ジャパン」(2)日本の食文化・産業を海外展開する「メードバイ(B)」(3)日本産の農林水産物・食品を輸出する「メードイン(I)」――を掲げたFBI戦略を進め、日本食レストランの活用もこの一環。農林水産物・食品の輸出額は14年に過去最高の6117億円に達し、20年に1兆円とした目標の前倒し実現を目指し、取り組みを加速させたい考えだ。

海外の日本食レストラン 農産物輸出で連携 こだわり店 組織化 農水省、来月検討委設置

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  2. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  3. 宮城県がベトナムのイオンモールで県産品テストマーケティング実施、参加企業募集

    宮城県がベトナムのイオンモールで県産品テストマーケティング実施、参加企業募集

  4. シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?

  5. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  6. EU28か国の家庭ゴミ事情――ゴミ排出量ランキング

  7. ミャンマーから日本への輸送日数1週間短縮 南海通運

  8. 1本10万円のソースが中東で売れた!ハラール食品の開発で海外展開に活路

  9. ライト工業がベトナムに合弁会社を設立、地盤改良で事業展開

  10. 自動車部品のジェイテクト、北米の需要増で海外生産増強

アクセスランキングをもっと見る

page top