製造業の求人平均時給、7月は1100円、21カ月連続プラス 画像 製造業の求人平均時給、7月は1100円、21カ月連続プラス

マネジメント

 インターワークスが31日に発表した「製造業の7月度の平均賃金(エリア別、業種別、職種別)」によると、7月度の全国平均時給は前年同期比+17円の1100円となった。

 この調査は同社が運営する製造業求人情報サイト「工場ワークス」に掲載の求人広告を元にしたもの。7月度は平均時給の増減率が+1.5%。今回の調査結果で、前年同月比では21カ月連続のプラス結果となっている。

 エリア別にみると、平均時給が最も高いのは「中部・東海」の1163円。増減率では「信越・北陸」の2.5%だった。一方、求人数の割合が最も高いのは「関東」の32.2%で、以下、「中部・東海」の20.2%、「関西」の14.6%が続いている。

 業種別では、「機械・精密機器・金属」が-22円、「物流・倉庫」が-14円、「その他」が-9円だったものの、他の9業種は±0かプラス。特に増加額が高かったのは、「医療・福祉・介護・製薬」の+39円で、さらに「車・バイク・重機系」が+31円、「半導体・先端技術」と「フード・飲料」がともに+28円となっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

    国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  2. 道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

    道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

  3. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  4. 【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

  5. ダイドードリンコ、トルコの飲料製造子会社3社を子会社化

  6. 「凡百の議論より実践」を好んだ住友グループの顔、堀田庄三

  7. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  8. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  9. インバウンド対策、ツールでも――中国語・韓国語にも対応の極小LED文字盤がキャンペーン

  10. 女性が働きやすい職場、管理職の意識改革――静岡市がアドバイザーを無料派遣

アクセスランキングをもっと見る

page top