製造業の求人平均時給、7月は1100円、21カ月連続プラス 画像 製造業の求人平均時給、7月は1100円、21カ月連続プラス

マネジメント

 インターワークスが31日に発表した「製造業の7月度の平均賃金(エリア別、業種別、職種別)」によると、7月度の全国平均時給は前年同期比+17円の1100円となった。

 この調査は同社が運営する製造業求人情報サイト「工場ワークス」に掲載の求人広告を元にしたもの。7月度は平均時給の増減率が+1.5%。今回の調査結果で、前年同月比では21カ月連続のプラス結果となっている。

 エリア別にみると、平均時給が最も高いのは「中部・東海」の1163円。増減率では「信越・北陸」の2.5%だった。一方、求人数の割合が最も高いのは「関東」の32.2%で、以下、「中部・東海」の20.2%、「関西」の14.6%が続いている。

 業種別では、「機械・精密機器・金属」が-22円、「物流・倉庫」が-14円、「その他」が-9円だったものの、他の9業種は±0かプラス。特に増加額が高かったのは、「医療・福祉・介護・製薬」の+39円で、さらに「車・バイク・重機系」が+31円、「半導体・先端技術」と「フード・飲料」がともに+28円となっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

    道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

  2. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

    【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  3. 乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省

    乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省

  4. 三菱地所が全国3カ所に新規用地取得、物流施設の開発投資加速へ

  5. カラオケボックスを貸し会議室に! 伊藤忠が空き部屋レンタル事業

  6. 燃料油、7月の国内販売……ガソリンなど好調で4か月連続プラス

  7. 新国立競技場、完成後の運営について議論が本格化

  8. アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈

  9. 建コン協九州が初の女性技術者交流会…働きやすい職場テーマに

  10. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

アクセスランキングをもっと見る

page top