製造業の求人平均時給、7月は1100円、21カ月連続プラス 画像 製造業の求人平均時給、7月は1100円、21カ月連続プラス

マネジメント

 インターワークスが31日に発表した「製造業の7月度の平均賃金(エリア別、業種別、職種別)」によると、7月度の全国平均時給は前年同期比+17円の1100円となった。

 この調査は同社が運営する製造業求人情報サイト「工場ワークス」に掲載の求人広告を元にしたもの。7月度は平均時給の増減率が+1.5%。今回の調査結果で、前年同月比では21カ月連続のプラス結果となっている。

 エリア別にみると、平均時給が最も高いのは「中部・東海」の1163円。増減率では「信越・北陸」の2.5%だった。一方、求人数の割合が最も高いのは「関東」の32.2%で、以下、「中部・東海」の20.2%、「関西」の14.6%が続いている。

 業種別では、「機械・精密機器・金属」が-22円、「物流・倉庫」が-14円、「その他」が-9円だったものの、他の9業種は±0かプラス。特に増加額が高かったのは、「医療・福祉・介護・製薬」の+39円で、さらに「車・バイク・重機系」が+31円、「半導体・先端技術」と「フード・飲料」がともに+28円となっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

    栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  2. 3割強が「商品購入」「サービス利用」の利用――「メルマガ」に関する意識調査

    3割強が「商品購入」「サービス利用」の利用――「メルマガ」に関する意識調査

  3. 生鮮好調の西友、物流拠点や店舗にチェック担当を配置

    生鮮好調の西友、物流拠点や店舗にチェック担当を配置

  4. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  5. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  6. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  7. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  8. 国交省、外環道「東名以南」の整備具体化へ協議会設置

  9. 乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

  10. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

アクセスランキングをもっと見る

page top