虎ノ門パストラル跡地、清水建設で地下解体へ 画像 虎ノ門パストラル跡地、清水建設で地下解体へ

インバウンド・地域活性

 森トラストは、東京都港区の虎ノ門パストラル跡地(虎ノ門3、4、敷地面積1万6300平方メートル)で、10月から既存の地下構造物などの解体工事に入る。このほど解体工事の施工者を清水建設に決め、契約を締結した。跡地で計画している大規模複合ビル「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」の本体工事は、解体工事を進めながら16年1月に着手する予定。本体工事の施工者は別途選定する方針だ。
 虎ノ門パストラル跡地の場所は、東京メトロ日比谷線神谷町駅の近く。ホテルやオフィスだった既存建物の地上部の解体・撤去は11年に終えている。今回の解体工事では、虎ノ門パストラルの地下躯体と敷地内にある平屋の建物2棟を撤去する。解体工期は10月から17年1月末まで。
 森トラストが跡地で計画している「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」は、建物の規模が地下4階地上36階建て延べ約21万平方メートルで、最高高さが約180メートル。19年度の竣工を目指している。設計は安井建築設計事務所が担当している。計画によると、主用途はオフィスで、高層部に外国人向けのホテルやサービスアパートメント、低層部に多言語対応の医療・生活支援施設や日本文化を海外に発信するための産業育成施設などを設ける。敷地内に約5000平方メートルの緑地を整備するほか、地下部に既存の地域冷暖房施設のサブプラントやコージェネレーションシステムも導入し、環境負荷低減に取り組む。東京メトロ日比谷線神谷町駅との間には駅直結の地下歩行者通路も整備する。
 3月には東京圏国家戦略特区の都市計画建築物等整備事業として国の認定を受けた。六本木・虎ノ門エリアの国際拠点化を目指すプロジェクトと位置付けられている。

森トラスト/虎ノ門パストラル跡地開発/10月から清水建設で地下解体

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

    JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  4. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  5. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 紙ではなく金網の折り紙!? 熟練職人の遊び心によるアイデア商品

  8. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  9. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  10. 富裕層インバウンドの法則その8

アクセスランキングをもっと見る

page top