ソーシャルエージェント、東南アジア現地向けのインバウンド広告出稿サービスを開始 画像 ソーシャルエージェント、東南アジア現地向けのインバウンド広告出稿サービスを開始

海外進出

現地消費者をターゲットとした「日本企業」のインバウンド広告出稿サービス東南アジアでの日系企業進出やビジネスをサポートするソーシャルエージェントは、現地消費者向けのインバウンド広告出稿サービスを開始した。現地有力メディアを利用して、東南アジア圏での訪日に関心のある層をターゲットに、彼らへ向けて発信する効果的な広告出稿を提案するものだ。多言語である現地の状況も視野に入れた、英語・中国語・マレー語での広告制作も平行して行う予定である。このことにより、マレーシアでは全人口の61%にもなるイスラム教徒や、華人といった幅広いターゲットを対象にアプローチを行うことが可能になると見込んでいる。新サービスの背景訪日観光ビザの規制緩和やLCCの普及、東南アジア圏の国々の好調な経済状況による所得の増加などを背景に、東南アジアからの訪日外国人数は増加、現在も歴代最高の数値を更新している状況である。日本や日本に関連する事項や商品、訪日準備のための観光やその周辺情報などに対する現地での関心が高く、ニーズも日々上昇している。現地広告代理店と提携同サービスを開始するにあたり、ソーシャルエージェントはマレーシア国内の現地広告代理店と業務提携を結び、既に東南アジアから日本を訪れる観光客の多くが利用するエアアジアの機内誌やWebサイトでの広告出稿や搭乗券へクーポンを印刷するなどの広告を始めている。(画像はプレスリリースから)

ソーシャルエージェント、現地向けのインバウンド広告出稿サービスを開始

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  3. フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

    フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

  4. アフリカに日本のインフラ建設技術を、国交省が輸出推進計画

  5. ダイドードリンコがマレーシア進出

  6. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

  7. 豪州産牛肉がEPAでシェア拡大、米国産の2倍近くに

  8. ジャカルタのショッピングモールで、日本外食企業が短期出店。現地の反応を調査

アクセスランキングをもっと見る

page top