ダイドードリンコがマレーシア進出 画像 ダイドードリンコがマレーシア進出

海外進出

食品大手マミー社へ資本参加ダイドードリンコは、マレーシアの食品大手マミー社の飲料事業部門に資本参加することを発表した。マミー社は、スナック菓子やインスタントヌードル、清涼飲料水などを扱っており、特にマレーシアにおけるインスタントヌードルのパイオニアともいわれる。ダイドードリンコは、マミー社飲料事業部門の「MDD Beverage」「Milk Specialities Distribution」の株式をそれぞれ49%、51%取得し、合弁会社とする。同社は、製品開発力、高い品質管理体制などのノウハウを提供し、共に成長・発展することを目指すとしている。成長続くASEAN市場への足がかりに資本参加の背景として、東南アジア10カ国からなるASEANは、今後も大きな経済発展が見込まれることが挙げられている。域内総人口は、6億超であり、北米やEUをも上回っている。中でもマレーシアは、ビジネスインフラが整備され、国内飲料市場も安定的な成長を続けていることから、市場拡大の可能性は高いと見て、ダイドードリンコは事業拠点を確保すると共にASEAN市場への足がかりとしたい考えだ。(画像はダイドードリンコ HPより)

ダイドードリンコ、マレーシア進出 合弁会社設立へ

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  2. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  3. 銀行のミャンマー進出、邦銀に続きマレーシアもメイバンクが支店開設

    銀行のミャンマー進出、邦銀に続きマレーシアもメイバンクが支店開設

  4. 中小建設企業の海外展開事例集、政府機関の支援策も紹介

  5. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

  6. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  7. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  8. NEC、インドネシア政府機関の情報セキュリティ事業に参入

  9. 群馬県、シンガポールへ青果物輸出狙う 現地伊勢丹でテスト販売

  10. グローバル化対応コミュニケーションと言葉の壁

アクセスランキングをもっと見る

page top