宇部興産、マレーシア工場で開所式……エコタイヤ向け需要拡大 画像 宇部興産、マレーシア工場で開所式……エコタイヤ向け需要拡大

海外進出

エコタイヤ向けゴムの需要拡大を見込む24日、宇部興産はマレーシアに設立した合成ゴム(BR)生産のための合弁会社「Lotte Ube Synthetic Rubber Sdn. Bhd.」(ロッテウベシンセティックラバー)の開所式をジョホール州で行い、同州のカリイド・ノルディン首相を含め、関係者約500人が参加した。同合併会社は宇部興産、三菱商事、ロッテケミカル、ロッテ子会社のロッテケミカルタイタンホールディングの4社が2013年に設立したもの。BRはブタジエンを主原料とした汎用合成ゴムで、耐摩耗性、反発弾性、耐発熱性などの特性を備えており、主にエコタイヤや耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)、靴底向けに使用されている。需要の中心はアジアで、年率6~7%の市場成長が予想されている。4つのBR工場をフル活用してシェア拡大を目指す宇部興産は化学を中心に、建設資材、機械・金属成形、医薬、エネルギー・環境の各分野で事業を行うメーカー。新工場は同社の日本、タイ、中国に続く4つ目のBR工場で、生産能力の合計は年間32万トンに上る。新工場の生産能力は年間5万トンだが、需要の拡大が見込まれる場合には年間2.2万トンの能力アップをする計画だ。(画像はプレスリリースより)

宇部興産 マレーシアの合成ゴム生産工場で開所式

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~越境ECを地方から:3~中国人爆買いをネットで再現、その方程式とは?

    ~越境ECを地方から:3~中国人爆買いをネットで再現、その方程式とは?

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. 労働力・生産性・賃金でみる東アフリカとアジア市場

    労働力・生産性・賃金でみる東アフリカとアジア市場

  4. ブックオフがマレーシアの中古品2号店を出店、計画を上回る売り上げ

アクセスランキングをもっと見る

page top