マレーシア環境省大臣、隣国インドネシア「煙害」防止への会談へ 画像 マレーシア環境省大臣、隣国インドネシア「煙害」防止への会談へ

海外進出

2国間での防止対策合意に向けた協議26日、マレーシア天然資源環境省ワン・ジュナイディ・トゥアンク・ジャーファル大臣は、近く、隣国インドネシアと煙害問題についての会談を行うとした。この会談は、マレーシアとインドネシア2国間での「越境ヘイズ汚染防止対策案」の基本合意へ向けての話し合いになると同大臣はしている。深刻化する『ホットスポット』の増加マレーシアの一部、特にサラワク州では、インドネシアの焼き畑農法による影響を受けており、近年、焼き畑農法による火災『ホットスポット』が増加するにつれ、その煙害も大きくなっている。衛星からの映像では、インドネシアに192カ所の『ホットスポット』を確認することができる。環境省大臣、国民への呼びかけこの前日、25日のマレーシアは、半島側のバターワース・フェリーターミナルから対岸のペナン島ジョージ・タウンのフェリーターミナルの様子が見えないほどのもやがかかっており、 ベナン・ブリッジからの視界も良くない状態だった。天然資源環境省長官もまた、25日、インドネシア環境・森林省に対しマレーシアの煙害に関する懸念を綴った書簡を送った。ワン・ジュナイディ大臣は、煙害の影響と思われる何らかの異変を感じた場合は、消防機関などへ通報するよう国民に呼びかけている。(画像は天然資源環境省ホームページより)

環境省大臣「煙害」防止への会談へ

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. トランスコスモス、ジャカルタにオペレーション拠点を設立

    トランスコスモス、ジャカルタにオペレーション拠点を設立

  3. ホンダ八郷社長、2017年展望「薄曇りだが、北米と中国にチャンスも」

    ホンダ八郷社長、2017年展望「薄曇りだが、北米と中国にチャンスも」

  4. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  5. 【時事エッセイ】バンコクで発見した、日本発インフラのクオリティ

  6. 本日の新聞から:北米カーオブザイヤーにシビック…日本車8年ぶり

  7. 健康食品の需要でシンガポールが日本を上回る!年間購入日は2万円以上に

  8. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  9. 「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店

  10. ホンダが東南アジアにおけるシェアリング事業へ進出

アクセスランキングをもっと見る

page top