建設業振興基金が技能訓練募集、労働者緊急育成事業 画像 建設業振興基金が技能訓練募集、労働者緊急育成事業

人材

 建設業振興基金(内田俊一理事長)は、厚生労働省から受託した「建設労働者緊急育成支援事業」で、31日に訓練生の募集を始める。未就業者などを対象に基礎知識・技能の習得や資格取得のための職業訓練を行い、就職先をあっせんする。約200人の第1弾募集は、振興基金が中央拠点として富士教育訓練センター(静岡県富士宮市)などで実施する合宿方式の5コースと、各業界団体と連携した地方4拠点の5コース。同日開設する専用ホームページなどで参加を呼び掛ける。
 職業訓練の対象者は、離・転職者、新卒者、未就職卒業者や定時制高校の生徒などで、年齢制限は設けていない。とび、鉄筋、型枠、設備、仕上げといった職種の技能者を主に養成する。未経験者でも参加できる。厚労省は5年間で5000人を育成する計画。振興基金が受託した初年度分では600人を募集する。
 今回、中央拠点として振興基金が募集するのは、▽重機オペレーター▽躯体系技能者(建築)▽同(鉄筋)▽土木系技能者▽仕上系技能者(内装)-の5職種。訓練は11月から来年3月にかけて、それぞれ2週間程度、職種ごとに1~4回実施する。毎回12人程度(内装は6人程度)を募集し、それぞれの資格取得のための訓練などを行い、入職に備える。修了者の就職あっせんを行うため、振興基金は厚労省から無料職業紹介の実施許可を得ている。
 建設業団体などと連携した地方16拠点のうち、今回募集するのは、全国クレーン建設業協会神奈川支部の「重機オペレーター(移動式クレーン)」、兵庫県建設業協会の「躯体系技能者(型枠、鉄筋、とび土工)」、宮崎県建築業協会の「躯体系技能者(とび、型枠、鉄筋)」と「仕上系技能者(内装)」、沖縄産業開発青年協会の「躯体系技能者(型枠、鉄筋、足場)」の4拠点5コース。沖縄は9月24日から、その他も10~11月にかけて訓練を始める。その他の拠点、コースも準備が整い次第、募集を行う。訓練会場は、拠点ごとに用意する。各地方拠点でも、無料職業紹介を行えるよう許可取得を準備中だ。
 現段階で決まっている募集人員は合計418人。今後、中央拠点が首都圏で実施する通所型の定時制高校生向け訓練や、地方拠点で調整中のコースなどを合わせると、募集人員は600人に達する見込み。訓練の情報は、専用ホームページ、各労働局、ハローワーク、各団体に配布するパンフレットを通じて周知する。

振興基金/労働者緊急育成事業、初弾200人募集/技能訓練と就職あっせん

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  3. 関東9都県の社保未加入対策で施策拡充に進展、未加入元請排除も下請対応に温度差

    関東9都県の社保未加入対策で施策拡充に進展、未加入元請排除も下請対応に温度差

  4. 管理職・リーダーの女性はどこでつまづくのか? 調査で明らかに

  5. 事業承継と親族後継者の「学び」

  6. 【時事エッセイ】仮説トイレだって快適にして欲しい

  7. 迫る中小経営者の大量引退時代。廃業ラッシュは食い止められるか?

  8. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画!!

  9. 4月28日シニアの日――経験豊富なシニアを採用できる!? シニアの7割が定年後も働きたい

  10. NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

アクセスランキングをもっと見る

page top