ネット通販事業、海外市場の狙い目はシンガポールか 画像 ネット通販事業、海外市場の狙い目はシンガポールか

IT業務効率

 アジアリサーチ総研(Asia Research Laboratory)は、「シンガポールの『オンライン』および『実店舗』でのショッピングの頻度」に関する調査結果を発表した。

 これによると、ネット通販の利用頻度が「週に1回以上」にのぼるのは39%で、このうち「毎日利用」していると答えたユーザーは7.2%を占めた。日本では「週に1回以上」が15.8%、「毎日利用」が1.2%となっており、日本に比べてシンガポールのほうがネット通販はより身近なようだ。

 一方、実店舗(A physical store)の利用頻度については、「週に1回以上」が79.3%、「毎日利用」が21.2%だった。日本の場合、「週に1回以上」が83.8%、「毎日利用」が18.6%となっており、シンガポールに比べて日本のほうが実店舗を利用している実態が浮かび上がっている。

 ネット通販ビジネスにおいて海外進出を図るならば、ネット通販の利用割合が日本よりも高いシンガポールも主要なターゲットとなりそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  3. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  5. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  6. 建設現場向け自律型清掃ロボット、1平米当たり0.4分で清掃!

  7. 建設現場で広がるウェアラブル端末

  8. リオ五輪出場のタイ人女子プロゴルファー、飛距離の秘密は日本製!

  9. 「ラー麦女子部」が活躍中!ところで、ラー麦って何?

  10. 本を閉じたまま中身がわかる!? 超能力のようなテクノロジー現れる!

アクセスランキングをもっと見る

page top