日立建機、ミニショベル3機種に新エンジン 画像 日立建機、ミニショベル3機種に新エンジン

インバウンド・地域活性

日立建機は、超小旋回型ミニショベル3機種をモデルチェンジし、9月1日から発売する。

今回発売する新型ミニショベルは、「ZX30UR-5B(標準バケット容量0.09立方米、機械質量2990kg)」、「ZX40UR-5B(同0.11立方米、3600kg)」、「ZX55UR-5B(同0.22立方米、5300kg)」の3モデル。

新型モデルは、電子制御式新エンジンの採用と、油圧システムの改善により、従来機と比べ10%を超える燃料消費量を低減。優れた環境性能と作業効率を実現している。

また、キャノピ右パネルの形状変更により右側視界性を向上させたほか、チルトアップフロアの採用などにより、整備性を高めている。

価格(ゴムクローラ、キャノピ仕様・税抜)は、ZX30UR-5Bが505万円、ZX40UR-5Bが625万円、ZX55UR-5Bが765万円。

日立建機、超小旋回型ミニショベル3機種をモデルチェンジ…新エンジン採用

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  3. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  7. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  8. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  9. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  10. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

アクセスランキングをもっと見る

page top