南海電鉄の新南海会館ビル建設、大林組JVで9月1日着工 画像 南海電鉄の新南海会館ビル建設、大林組JVで9月1日着工

インバウンド・地域活性

 南海電気鉄道は、「新南海会館ビル(仮称)」(大阪市中央区)の新築工事に9月1日着手すると発表した。本社機能を置いていた旧ビルの跡地にオフィスや店舗、ホール、医療施設などが入る地上約148メートルの超高層複合ビルを建設する。設計・監理を大林組、施工を大林組・竹中工務店・南海辰村建設JVが担当し、18年9月の完成を目指す。
 建設地は大阪市中央区難波5の1の60。施設規模はS一部SRC、RC造地下2階地上30階建て延べ約8万4000平方メートル。高層部の13~30階に配置するオフィスは、18フロア(貸室面積合計約1万0500坪)、基準階貸室面積約570坪、最大12分割が可能な高機能オフィスを計画。建物には特級クラスの構造体耐震性能と、災害時など帰宅困難者の館内滞留にも対応可能な国内屈指の事業継続機能を確保する。
 地下2階と地上9階には先進・予防医療のためのメディカルセンターを誘致。7・8階はコンベンションセンターとなり、500人規模のセミナーやシンポジウムに対応できる多目的ホール、カンファレンスルームを配置する計画だ。5階にツーリストサロン、地下1階~地上3階・6階には難波駅直結のロケーションを生かし、物販・サービス・金融などリテール機能を集積させる。新ビルの建設に合わせ、南北歩行者通路や広場などの周辺整備も行う。

南海電鉄/新南海会館ビル建設(大阪市中央区)/大林組JVで9月1日着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れている!?――ケンズカフェ東京「特撰ガトーショコラ」のブランディング手法

  9. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

  10. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top