ACKグループ、社会価値創造企業めざす 創立10周年記念式典 画像 ACKグループ、社会価値創造企業めざす 創立10周年記念式典

マネジメント

 今年で創立10周年を迎えたACKグループ(野崎秀則社長)は28日、東京都新宿区のベルサール新宿グランドホールで記念式典を開き、さらなる成長へのスタートを切った。全国から役職員約500人が出席。2020年の経営ビジョンで掲げた「社会インフラ創造企業」の先にある姿として「社会価値創造企業」の実現を合言葉に、持続可能な魅力ある社会づくりへの貢献を誓い合った。
 あいさつした野崎社長は「グループ設立時は売上高170億円、役職員900人でスタートしたが、10年目を迎えた今期は売上高370億円、役職員1800人と2倍以上の規模に拡大した」と振り返り、「今後は多様化・複雑化する社会ニーズに対応するため、社会インフラ事業の充実とともに、教育・福祉・観光・農業などの分野に事業を広げ、2020年には売上高500億円以上を実現する」と強調。さらに「新たな価値を社会に提供するため、受動型から主導型のビジネスに転換する。自らが投資して事業者としてビジネスを推進し、国内外の社会づくりに貢献する『社会価値創造企業』を目指す」と決意を示した。
 ACKグループは、2006年8月にオリエンタルコンサルタンツの持ち株会社として発足。現在は主要6社を傘下に抱え、社会の多様なニーズにグループで機動的に対応している。

ACKグループ/都内で創立10周年記念式典開く/社会価値創造企業めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

    東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  2. 「給料・休日・希望」の新3Kを建設に…国交相と経団連懇談で

    「給料・休日・希望」の新3Kを建設に…国交相と経団連懇談で

  3. 建設現場の生産性向上で国交省と日建連連携で推進

    建設現場の生産性向上で国交省と日建連連携で推進

  4. 特装車事業好調で増収増益……極東開発工業、第1四半期決算

  5. ムスリム観光客へのおもてなし勉強会、3月から毎月開催

  6. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  7. 土木学会、2016年1月に広報戦略会議を新設

  8. 美少女系野菜、キャラクタートラックでPR

  9. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  10. 建設業許可要件、人員確保難など状況踏まえ見直し検討

アクセスランキングをもっと見る

page top