竹中工務店の1~6月期決算、売上高が7期ぶり6000億円超 画像 竹中工務店の1~6月期決算、売上高が7期ぶり6000億円超

マネジメント

 竹中工務店は28日、15年1~6月期決算を発表した。単体の建設受注高は前年同期に海外の大型案件の受注があった反動で4782億円(前年同期比14・3%減)と減少したが、手持ち工事の進ちょくで完成工事高が積み上がり、連結売上高は6016億円(16・2%増)と08年以来7期ぶりに6000億円を超えた。単体の完成工事総利益(粗利益)率は2・2ポイント改善して8・1%。工事採算の改善を受けて連結、単体とも損益はすべて増益となった。
 連結の建設受注高は5863億円(11・7%減)。前年同期にシンガポールで大型工事の受注があった反動で連結、単体とも減少した。受注の海外比率は12・7%(前年同期19・8%)となった。粗利益率は連結が8・6%(7・0%)、単体が8・1%(5・9%)とともに大きく改善。「まずは8%台の水準をしっかりとキープしていきたい」(関谷哲也執行役員経営企画室長)として、引き続き採算重視の取り組みを徹底する。
 連結営業利益は前年同期比118・3%増の263億円。内訳は建設事業200億円(68億円)、開発事業47億円(45億円)、その他14億円(8億円)。労務需給のひっ迫が続いているが、「(営業利益に占める)建設事業の割合が76%まで高まった。工事収益が改善し、利益が安定化してきた」(前澤洋介執行役員財務室長)としている。
 15年12月期は、連結が建設受注高1兆1900億円、売上高1兆2400億円、営業利益475億円、単体が建設受注高9800億円、売上高9800億円、営業利益320億円と予想。粗利益率は連結8・0%、単体7・3%を見込む。

竹中工務店/15年1~6月期決算/連結売上高、7期ぶり6千億円超

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 暫定2車線の「高速道路4車線化」を促進

    暫定2車線の「高速道路4車線化」を促進

  2. 三信建設工業、協力会社に得意工種の拡大指導、人手不足解消へ

    三信建設工業、協力会社に得意工種の拡大指導、人手不足解消へ

  3. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

    【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  4. 熊谷組、新協力会組織「熊栄会」設立、3会を統合の相乗効果で体制強

  5. アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

  6. 新国立競技場問題、建築設計3団体も整備計画見直しで提言

  7. 中小企業の“イクボス”が集結! 育児経験を制度整備、企業成長に生かす

  8. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  9. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  10. 建設コンサルがM&A加速! 勝ち残りへ事業多角化

アクセスランキングをもっと見る

page top