日本の建設コンサルの海外業務受注、14年度は3.3%減の933億円 画像 日本の建設コンサルの海外業務受注、14年度は3.3%減の933億円

海外進出

 国際建設技術協会(国建協、吉野清文理事長)は26日、14年度の日本企業の海外建設コンサルティング業務受注調査結果をまとめた。受注総額は過去最高を記録した前年度に比べ3・3%減の933・3億円で、受注件数も32件少ない939件だった。1件当たりの平均受注額は前年度と同じ99百万円。国建協と海外運輸協力協会、海外農業開発コンサルタンツ協会、海外コンサルティング企業協会の4団体に加盟する80社のうち75社から有効回答を得た。
 受注総額の83・8%を政府開発援助(ODA)関連が占めた。発注機関別内訳は国際協力機構(JICA)713億円(前年度比9・8%減)、外務省(無償資金)28・9億円(26・6%減)、アジア開発銀行や世界銀行などの国際機関25・9億円(100・8%増)。非ODA関連の受注額は、外国政府が112・9億円(34・1%増)、民間が36・9億円(117・0%増)だった。
 国別では、フィリピン94・9億円、ベトナム75・8億円、バングラデシュ73・8億円、ミャンマー59・9億円の順。分野別では、道路や鉄道といった運輸・交通が全体の約41%を占めた。

14年度のコンサル海外受注、3・3%減/ODA関連が8割強/国建協

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  3. 自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

    自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

  4. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  5. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  6. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  7. ミャンマー初「ヤンゴン証券取引所」が12月9日にオープン

  8. 三菱日立パワーシステムズ、ガスタービン他受注……トルクメニスタン

  9. 世界第4位のつり橋、トルコ・イズミット湾横断橋が開通

  10. ミャンマーでもLINEが使える――政府郵電公社と提携、サービス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top