ミャンマー・ヤンゴン新国際空港、プロジェクト再延期へ 画像 ミャンマー・ヤンゴン新国際空港、プロジェクト再延期へ

海外進出

ODAの資金援助が難航、2022年完成予定に

長い間滞っているミャンマーの国際新空港建設について、再度延期することが決定した。8月28日の公式発表によると、延期の理由は資金確保の問題だという。

建設延期が決まったのは、ヤンゴン北部100km、バゴーに近いハンタワディ国際空港プロジェクト。第2次世界大戦中は、日本が使用していた。4つ目の国際空港として1994年に韓国の企業が起工したが、工事はすぐに中断された。その後、2012年の民主化を機に、プロジェクトが再開した。

2014年には、日本とシンガポールの企業連合体であるYongnamーCAPEーJGCCが建設権を獲得している。

ミャンマーのローカルニュースによれば、ODA(政府開発援助)との交渉が難航し、資金援助が遅れているため、完成は予定していた2018年から4年後の、2022年に延期したという。運輸省も、資金確保が難しくなったためプロジェクトが延期になったと公式に発表している。

許容量オーバーの国際空港 新空港に期待

年々増加するミャンマーの外国人観光客数は、ヤンゴン、マンダレー、ネピドーの国際空港の許容量を超えている。新空港は、年間1,200万人の利用客を見込んでいる。

ミャンマーでは2015年、前年より300万人多い500万人以上の外国人観光客を期待しており、既にある空港のアップグレードと、新空港の完成が待たれている。

(画像:REUTERSより)

ヤンゴン新国際空港、プロジェクト再延期へ

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  3. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  4. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  5. ちよだ鮨、ベトナムに日本料理店。持ち帰りではなく、レストラン業態で

  6. 日本写真印刷、マレーシアに合弁会社を設立

  7. 変わりゆくタイ。韓国資本による大規模な投資

  8. ホテルオークラ、ベトナム・ホーチミン市で2020年開業

  9. ホンダが東南アジアにおけるシェアリング事業へ進出

  10. 「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店

アクセスランキングをもっと見る

page top