ブルックス、稀少性が高いドリップバックのミャンマーコーヒー発売 画像 ブルックス、稀少性が高いドリップバックのミャンマーコーヒー発売

海外進出

稀少性が高いミャンマーコーヒーを使用
コーヒー類の通信販売を行うブルックスは27日、「ドリップバック 黄金のミャンマー」を9月1日より発売すると発表した。まだ、日本への入手ルートが確立されていない稀少性の高いミャンマーコーヒーを使用している点が大きな特長である。

アメリカのコーヒー協会が認めるほどの絶品
ミャンマーのコーヒー農園で栽培されたアラビカ種の豆は、国際的に注目度が高まっており、世界の高品質のコーヒーに匹敵するといわれる。

豆は、質が高く大きなものを厳選し、収穫は手摘みで丁寧に行われたものである。それゆえ、上品な酸味とコクの絶妙なバランスで、ふくよかな味わいに仕上がっている。アメリカのスペシャリティコーヒー協会がその味わいを認めるほどの絶品だ。

また、BROOKS CAFE原宿店でも「ドリップバック 黄金のミャンマー」を販売するほか、9月1日から7日まで、ハンドドリップ珈琲でも提供する。価格は500円(税抜)。

製品概要、BROOKS CAFE 原宿店の概要について
製品概要は以下の通り
ドリップバッグ 黄金のミャンマー10袋
数量:10袋 価格:800円(税抜)

ドリップバッグ 黄金のミャンマー50袋
数量:50袋 価格:4000円(税抜)
(引用:ブルックス)


このほか、BROOKS CAFE原宿店でも「ドリップバッグ 黄金のミャンマー」(10袋)を店頭販売する。

BROOKS CAFE 原宿店の概要は以下の通り
営業時間: 9:00~21:00(ラストオーダー20:30)
店舗所在地:
東京都渋谷区神宮前6丁目4-1 原宿八角館ビル1F・B1F

座席数:300席
(1F:94席(喫煙12席 禁煙82席)、B1F:禁煙席:206席)
(引用:ブルックス)



(画像はプレスリリースより)

稀少性が高い! ドリップバック 黄金のミャンマー 9月1日発売

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  3. 三菱商事、ジャカルタの分譲マンション事業に参画へ

    三菱商事、ジャカルタの分譲マンション事業に参画へ

  4. 日本の野菜を英国へ、成田で試験輸出のため検疫・通関検証

  5. VWの不正問題、日系部品メーカーのドイツ拠点戦略にも影?

  6. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  7. フィリピンでの再生エネ事業、ノウハウを国内に逆輸入

  8. 世界銀行、ミャンマーの経済成長予測を発表。日本より順調ながら・・・

アクセスランキングをもっと見る

page top