8月15日水稲作況、早場19道県中の11県「やや良」 画像 8月15日水稲作況、早場19道県中の11県「やや良」

インバウンド・地域活性

 農水省は28日、2015年産水稲の作柄概況(8月15日現在)を発表した。全作付面積の7割を占め、全体の生産量を大きく左右する早場地帯(19道県)の作柄は、11県が「やや良」、8道県が「平年並み」。おおむね天候に恵まれ、順調に推移している。

 主産地の東北、北陸地方は大半が「やや良」、天候不順の影響が心配された大産地の北海道は「平年並み」となった。

 早場地帯の作柄は、前年同時期とほぼ同じだが、前年産で「良」だった北海道は今回「平年並み」に下げている。前年産の全国の作況指数が101だったことを踏まえるとこのままいけば平年作に収まる可能性はある。

 同省によると、15年産の主食用米の作付面積は目標を8000ヘクタール程度下回る見通し。生産調整が現行の仕組みになって以来初めて過剰作付けが解消され、平年作であれば生産量は目標の751万トンを割り込む。

 一方、全作付面積の3割を占め、西日本中心の遅場地帯(27都府県)は「生育」の段階だが、18都府県が「平年並み」となった。一方で九州地方を中心に「やや不良」が7県。6、7月の低温・日照不足で分けつが抑えられたことが響いた。

 最も収穫が早い西南暖地5県(徳島、高知、宮崎、鹿児島、沖縄)の早期栽培米は作況指数を発表。いずれも100を下回り、宮崎は85、鹿児島も88にとどまった。 

8月15日水稲作況 早場「やや良」11県 遅場「平年並み」18都府県

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  2. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  3. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  4. 書籍「世界を動かす地域産業の底力」に学ぶグローカル視点の重要性

  5. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  6. 小田原城天守閣改修見学会開く、最上階に天守七尊の仏教空間再現

  7. 野菜茶業研究所が“人工土壌”を開発!多孔質素材で微生物活性化、地力回復など応用に期待

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 築地市場解体は11月、「築地ブランド」どう残す?

  10. 三菱地所が福岡・ホークスタウン再開発、延べ13万平米の大型商業施設を整備

アクセスランキングをもっと見る

page top