工事保険にコスト上昇分を30%まで補償 東京海上日動火災保険の新商品 画像 工事保険にコスト上昇分を30%まで補償 東京海上日動火災保険の新商品

制度・ビジネスチャンス

 東京海上日動火災保険は、工事中のインフラ構造物が災害や事故に遭い、建設会社が資材と作業員を再調達して工事をやり直す際に膨らんだ費用の増額分を一部補償する中小企業(売上高50億円以下)向けの新たな保険商品の販売を始めた。支払いの対象は、着工時の請負金額から変動した資材と労務費のコスト上昇分(上昇分の最大30%まで)で、10月以降の事故から補償する。同社は15年度中に約500件の新規契約を見込む。
 新商品は、中小建設会社向けの総合保険「超ビジネス保険」の特約として発売する。超ビジネス保険の加入費(基本契約額7万5000円)に、5000円を上乗せすると物価上昇補償特約が付けられる。超ビジネス保険は、建設会社が資材を再調達して工事をやり直す場合、着工時の請負金額の単価をベースに保険金を算出するため、工事中に上昇した資材費や労務費の差額分の補償までは含まれていなかった。
 今回の特約では、着工時は資材のまとめ買いによって購入コストを落とせるが、再調達時は不足分だけを購入するため、購入単価が上がることに配慮。物価上昇分に加え、資材購入の単価の違いによる上昇分も補償する。物価上昇分の補償上限についても、大手ゼネコン向けに設定している120%程度に対して、最大130%に引き上げている。
 同社は東日本大震災の復興事業に加え、2020年東京五輪、リニア中央新幹線の関連工事、17年4月の消費増税を前にした住宅の駆け込み需要などで工事量が増え、人手不足、資材費の上昇が続くとみて、特約商品の発売を決めた。

東京海上日動火災保険/工事保険に新商品/コスト上昇分を30%上限に補償

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  2. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

    納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  3. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  4. 【防災という新ビジネス:4】デザインで日常使いも可能にする

  5. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  6. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  7. 国交省が工事の準備・後片付け期間を改定。下期発注で運用、7工種で定義も明確化

  8. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  9. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  10. 担い手不在集落を近隣地域で支援、大分県が新規事業

アクセスランキングをもっと見る

page top