プロロジス、埼玉県東松山市に大型物流施設を開発 画像 プロロジス、埼玉県東松山市に大型物流施設を開発

インバウンド・地域活性

 プロロジスは、埼玉県東松山市に賃貸用物流施設「プロロジスパーク東松山」を開発することを決めた。施設規模は4階建て延べ7万平方メートルを想定。16年末ごろに着工し、17年中の竣工を目指す。設計者、施工者は非公表。
 開発予定地は、東松山市内で行われる産業系土地区画整理事業「藤曲土地区画整理事業」の施行区域内にある約3万1000平方メートルの敷地。同事業は6月に県から事業認可を取得し、現地で造成工事が始まっている。
 敷地は国道407号に面し、関越自動車道東松山インターチェンジ(IC)から約3キロ、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)川島ICから約8キロの位置にある。交通利便性に優れることに加え、東武東上線東松山駅から1・5キロと近く、周辺に住宅地が広がっているため、雇用確保の面からも有利だとしている。
 現時点の施設計画によると、施設の各階に大型車両がアクセスできるランプウエーを設ける。このほか停電・断水対策、LED照明や高断熱外装材の採用、太陽光発電の導入などを通して、BCP(事業継続計画)対応や環境配慮を重視する予定だ。周辺には既に稼働中の「プロロジスパーク川島」や建設中の「プロロジスパーク吉見」などがある。圏央道は関東全域への配送に有利で、利用するテナントのニーズも高いことから、同社は沿線地域で積極的な開発を進めている。

プロロジス/埼玉県東松山市に大型物流施設計画/7万平米、16年末ころ着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

  5. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  6. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top