プロロジス、埼玉県東松山市に大型物流施設を開発 画像 プロロジス、埼玉県東松山市に大型物流施設を開発

インバウンド・地域活性

 プロロジスは、埼玉県東松山市に賃貸用物流施設「プロロジスパーク東松山」を開発することを決めた。施設規模は4階建て延べ7万平方メートルを想定。16年末ごろに着工し、17年中の竣工を目指す。設計者、施工者は非公表。
 開発予定地は、東松山市内で行われる産業系土地区画整理事業「藤曲土地区画整理事業」の施行区域内にある約3万1000平方メートルの敷地。同事業は6月に県から事業認可を取得し、現地で造成工事が始まっている。
 敷地は国道407号に面し、関越自動車道東松山インターチェンジ(IC)から約3キロ、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)川島ICから約8キロの位置にある。交通利便性に優れることに加え、東武東上線東松山駅から1・5キロと近く、周辺に住宅地が広がっているため、雇用確保の面からも有利だとしている。
 現時点の施設計画によると、施設の各階に大型車両がアクセスできるランプウエーを設ける。このほか停電・断水対策、LED照明や高断熱外装材の採用、太陽光発電の導入などを通して、BCP(事業継続計画)対応や環境配慮を重視する予定だ。周辺には既に稼働中の「プロロジスパーク川島」や建設中の「プロロジスパーク吉見」などがある。圏央道は関東全域への配送に有利で、利用するテナントのニーズも高いことから、同社は沿線地域で積極的な開発を進めている。

プロロジス/埼玉県東松山市に大型物流施設計画/7万平米、16年末ころ着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  5. 朝日温海道路の新潟県内区域工事、約50%がトンネルや橋梁に!

  6. 桜美林学園が新宿区に新キャンパス整備、財務省から土地と建物を取得

  7. 千葉県習志野市/大久保地区公共施設再生事業、初弾は公民館・図書館棟

  8. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top