プロロジス、埼玉県東松山市に大型物流施設を開発 画像 プロロジス、埼玉県東松山市に大型物流施設を開発

インバウンド・地域活性

 プロロジスは、埼玉県東松山市に賃貸用物流施設「プロロジスパーク東松山」を開発することを決めた。施設規模は4階建て延べ7万平方メートルを想定。16年末ごろに着工し、17年中の竣工を目指す。設計者、施工者は非公表。
 開発予定地は、東松山市内で行われる産業系土地区画整理事業「藤曲土地区画整理事業」の施行区域内にある約3万1000平方メートルの敷地。同事業は6月に県から事業認可を取得し、現地で造成工事が始まっている。
 敷地は国道407号に面し、関越自動車道東松山インターチェンジ(IC)から約3キロ、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)川島ICから約8キロの位置にある。交通利便性に優れることに加え、東武東上線東松山駅から1・5キロと近く、周辺に住宅地が広がっているため、雇用確保の面からも有利だとしている。
 現時点の施設計画によると、施設の各階に大型車両がアクセスできるランプウエーを設ける。このほか停電・断水対策、LED照明や高断熱外装材の採用、太陽光発電の導入などを通して、BCP(事業継続計画)対応や環境配慮を重視する予定だ。周辺には既に稼働中の「プロロジスパーク川島」や建設中の「プロロジスパーク吉見」などがある。圏央道は関東全域への配送に有利で、利用するテナントのニーズも高いことから、同社は沿線地域で積極的な開発を進めている。

プロロジス/埼玉県東松山市に大型物流施設計画/7万平米、16年末ころ着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

    相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  2. 国のかたちを考える2018/JR東日本会長 清野智氏

    国のかたちを考える2018/JR東日本会長 清野智氏

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第3回 成功へのシナリオ(事例編)

  10. 地方の農家にこそブランディングが必要、その理由とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top