3Dプリンタを使って親子でオリジナルミニ四駆づくり! 三重県の都内アンテナショップ 画像 3Dプリンタを使って親子でオリジナルミニ四駆づくり! 三重県の都内アンテナショップ

インバウンド・地域活性

 三重県と一般社団法人3Dデータを活用する会「3D-GAN」が共同で、9月27日に「3Dプリンターでマイミニ四駆をつくろう!親子工作体験教室」を開催する。会場は日本橋にある三重県のアンテナショップ「三重テラス」。

 同イベントは三重テラスのオープン2周年記念企画「おかげさま祭」の一環として行われるもの。テンプレートをもとにミニ四駆のオリジナルボディを3Dモデリングで作成し、それを3Dプリンタで出力。実際に走行可能なオリジナルミニ四駆を製作する。三重県が鈴鹿サーキットを有し、F1の拠点として知られることなどがきっかけとなったイベントだ。

 イベントは1回3時間半で、10時30分からの午前の部と14時30分からの午後の部の2回開催。参加費は無料で、ミニ四駆のキットが1つ支給される。対象は小学生もしくは中学生とその保護者。事前申し込み制で、定員は各回5組までとなっている。

 3D-GANでは過去に静岡県静岡市や栃木県那須塩原市でも同様のイベントを開催しており、最終的に47都道府県すべてでの開催を目標としている。

 なお、三重テラスの「おかげさま祭」は9月23日から28日まで開催。赤福の特別販売やゲストを迎えてのトークライブといったイベントが行われる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  8. 乗降客が順調な伸び、富士山静岡空港の増築・改修が起工

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top