フランス語? 日本語とは思えない……宮崎県小林市が方言でPRムービー 画像 フランス語? 日本語とは思えない……宮崎県小林市が方言でPRムービー

インバウンド・地域活性

 宮崎県小林市が移住促進PRムービー「ンダモシタン小林」を公開した。

 これは小林市に移住したフランス人男性の日常という設定で、「森」「水」「星」「食」「人」といった小林市の魅力を紹介したもの。フランス人男性のセリフやナレーションには字幕が付けられており、字幕版のフランス映画のような出来映え。しかし、最後に実は男性が話していたのが、フランス語ではなく、小林市の方言「西諸弁」であることが明かされる。

 西諸弁は方言の中でも訛りが激しく、以前から「外国語のように聞こえる」といわれてきた。今回のムービーはこの激しい訛りに着目して企画されたもの。在京の制作チームには西諸弁がまったく読解できず、小林市役所職員らが総出で文章校正を行って完成させたという。

 なお、動画はYouTubeの設定で字幕表示を行うことで、西諸弁の字幕を表示させることも可能。ネイティブ以外は聞き取りが難しいであろう西諸弁のセリフを目で確認しながら見ることができる。

 小林市では「てなんどプロジェクト」という名称で交流人口や定住人口の増加促進を実施しており、移住に加え、休日や退社後に地方と関わる「パラレルキャリア」の受け入れを積極的に進めている。今回の動画もこのプロジェクトの一環として制作されたもので、今年度中にはテーマ別に4つの動画を制作する予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

    金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  4. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  5. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  8. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top