フランス語? 日本語とは思えない……宮崎県小林市が方言でPRムービー 画像 フランス語? 日本語とは思えない……宮崎県小林市が方言でPRムービー

インバウンド・地域活性

 宮崎県小林市が移住促進PRムービー「ンダモシタン小林」を公開した。

 これは小林市に移住したフランス人男性の日常という設定で、「森」「水」「星」「食」「人」といった小林市の魅力を紹介したもの。フランス人男性のセリフやナレーションには字幕が付けられており、字幕版のフランス映画のような出来映え。しかし、最後に実は男性が話していたのが、フランス語ではなく、小林市の方言「西諸弁」であることが明かされる。

 西諸弁は方言の中でも訛りが激しく、以前から「外国語のように聞こえる」といわれてきた。今回のムービーはこの激しい訛りに着目して企画されたもの。在京の制作チームには西諸弁がまったく読解できず、小林市役所職員らが総出で文章校正を行って完成させたという。

 なお、動画はYouTubeの設定で字幕表示を行うことで、西諸弁の字幕を表示させることも可能。ネイティブ以外は聞き取りが難しいであろう西諸弁のセリフを目で確認しながら見ることができる。

 小林市では「てなんどプロジェクト」という名称で交流人口や定住人口の増加促進を実施しており、移住に加え、休日や退社後に地方と関わる「パラレルキャリア」の受け入れを積極的に進めている。今回の動画もこのプロジェクトの一環として制作されたもので、今年度中にはテーマ別に4つの動画を制作する予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. 東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

    東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 富裕層インバウンドの法則その8

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  8. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  9. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  10. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

アクセスランキングをもっと見る

page top