ワインや落語で地域活性化、全国初の「ふるさと名物応援宣言」 山梨県甲州市など 画像 ワインや落語で地域活性化、全国初の「ふるさと名物応援宣言」 山梨県甲州市など

インバウンド・地域活性

 富山県立山町、山梨県甲州市、山梨県富士川町の3市町が、全国で初となる「ふるさと名物応援宣言」を行った。地域ブランドの育成、強化などに地域ぐるみで取り組む宣言で、経済産業省が推進している。

 宣言では各自治体が地域の名産品や観光資源などに基づいてテーマを設定。立山町は「立山の風土(FOOD)を器(越中瀬戸焼)で味わう、うまい米と水」、甲州市は「甲州ワイン」、富士川町は「『落語「鰍沢」』の舞台”の「落語のまち」」をそれぞれテーマに掲げている。

 立山町は富山(立山)米とその加工品、立山の名水、越中瀬戸焼などをキーに設定。立山ブランドの認定や飲食店ぐるみでの米粉メニュー開発、首都圏飲食店などとのタイアップを実施する。今後は台湾をターゲットに、立山ブランドのPRも行っていく計画だ。

 甲州市は甲州ワインそのもの以外にも、ワイナリーと組んでのワインツーリズムの実施や、甲州ワインによる乾杯を推進する条例の制定などに取り組んでいる。一方、富士川町では、落語「鰍沢」の世界を追体験できる体験型観光プログラムを提供していく予定。

 また、今回の国内初の宣言と同時に、経産省は「ふるさと名物」のロゴマークを発表。統一ロゴで発信力強化を狙う。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

    相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  5. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  6. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  9. 沼津南一色線整備方針、高尾山古墳保護へトンネルと橋梁構造で

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top