国際協力機構によるタイ・アユタヤの洪水対策施設が完成 画像 国際協力機構によるタイ・アユタヤの洪水対策施設が完成

海外進出

 国際協力機構(JICA)が日本政府の無償資金協力事業として、タイのアユタヤ県で建設を進めていた水門2基などの洪水対策施設が完成し、28日に現地で記念式典が行われる。11年に発生した洪水被害に対し、日本は東日本大震災で受けた支援への返礼と、震災の教訓を踏まえた防災分野での国際貢献の一環として、アユタヤ地区の洪水対策を支援。施工は前田建設が担当し、ゲートの製作・据え付け工事を日立造船が行った。
 タイでは11年7月から断続的に続いた100年に一度といわれる豪雨で大規模な洪水が発生。首都バンコクや、工業集積地のあるアユタヤ県が浸水に見舞われ、現地に進出する日系企業も被害を受けた。
 JICAが今回支援したアユタヤ地区洪水対策計画の対象地域はパサック川左岸(東側)、チャオプラヤ川との合流地点の直上流付近。総事業費は26億円(日本25・5億円、タイ0・5億円)。低地の雨水をパサック川に導く水路に、「ハントラ水門」(ステンレス鋼製ローラゲート幅6・0メートル×高さ7・1メートル、3門)と「クラマン水門」(同幅6・0メートル×高さ5・1メートル、3門)の2基を設置。ハントラ水路の護岸工事(延長484メートル)も行った。ポンプ車10台の配備も支援した。
 これにより、11年の洪水で大きな被害を受けた水路南側に位置する工業集積地を含む地域一帯で、洪水被害が軽減されると期待されている。

JICA/タイの洪水対策施設完成/アユタヤ地区に水門2基、施工は前田建設

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

    不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  4. アジアの飲食が集結! 大阪で「アジア・フードショー2015」開催

  5. 日本の建設コンサルの海外業務受注、14年度は3.3%減の933億円

  6. バッテリーを10分以内で急速充電、シンガポール国立大が開発

  7. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  8. ゴム製品メーカーのバンドー化学がマレーシア子会社を解散

  9. インドネシア通貨が上昇、1ドル=1万3500ルピアへ

  10. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

アクセスランキングをもっと見る

page top