【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1) 画像 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

インバウンド・地域活性

 太平洋沿岸の“港オアシス”を自称する茨城県大洗町。人口はおよそ1万8000人。海に近い立地を活かして、夏には多くの観光客でにぎわう。

 そんな町を代表する観光資源として、ここ数年で一気に注目を集めたコンテンツがある。仕掛け人となったのは、Oaraiクリエイティブマネジメント。”地域を盛り上げる行政や各団体の受け皿会社”を自称するこの会社で代表を務める常盤良彦氏の元に2011年秋、バンダイビジュアルとランティスから2人の男が訪ねたことで、やがて町全体を動かすことになるプロジェクトはスタートした。

■行政の地域活性プロジェクトを民間で支える
 Oaraiクリエイティブマネジメントが設立されたのは2009年。元々は青年会議所の理事長や同会議所県ブロックの役員を務めてきた常盤氏を中心に、町の商工会青年部での役員経験を持つ初期メンバー3人が立ち上げた会社だった。その目的は地域参加型で継続的に関われるような仕事をすること。それぞれがかつて青年会議所や商工会青年部で地域活性を事業としてきた中で、長に携われるわずか1年や2年といった任期では達成できなかったビジョンを実現するのだと燃えていた。

 やがて常盤氏達は県や町と情報交換をしながら、地域を活性化するようなイベントの運営を手掛けるようになる。その中から生まれたプロジェクトの一つが、「大洗まいわい市場」だった。大洗リゾートアウトレットの一角に位置するこの直売所は、町の近郊に住む生産者と観光客をつなげる場として、オープン数年で県内でも有数の人気のスポットに成長。2011年には東日本大震災による津波で店が全壊したが、やがて店を復興させると、同年開催の全国直売所甲子園で審査委員特別賞を受賞している。

「この頃、町の商工会の田山会長から1本の電話がありました。そこで、今バンダイビジュアルでアニメのプロデューサーをしている杉山潔氏や、大洗出身の音楽プロデューサーの関根陽一氏が隣にいるので、会ってくれないかと言われたんです」
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  6. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  7. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  10. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

アクセスランキングをもっと見る

page top