水素燃料関連国内市場の中長期予測…富士経済 画像 水素燃料関連国内市場の中長期予測…富士経済

マネジメント

富士経済は、水素燃料、水素ステーションおよび関連機器などの国内市場を調査・分析し、その結果を「2015年版 水素燃料関連市場の将来展望」にまとめた。

調査結果によると、2014年度の水素燃料関連市場は83億円。水素ステーションおよび関連機器が大半を占めている。

2014年12月のトヨタ『MIRAI』の販売開始に伴う経済産業省などの水素供給設備設置補助事業が後押しとなり、2015年度が先行する水素ステーションの設置ピークになると予測。補助事業が落ち着く2016年度以降水素ステーションの新規設置が一旦鈍化し市場は低迷するが、2018年度より再び拡大し、2030年度には累計で1000件弱の設置が予想される。

2020年度になると水素発電や車載機器関連が大きく伸びると予想。水素発電は安価な水素の輸入が開始され、大手事業者による水素サプライチェーンが確立する。車載機器関連は東京五輪を契機とした燃料電池車の普及に伴う需要増加が期待される。2030年度には水素発電、車載機器関連などを中心に各市場が大きく拡大し5447億円が予測される。

また水素燃料は、2018年度頃まで数億円の市場にとどまるが、2020年度以降は水素発電と燃料電池車の市場拡大に伴い大きく伸びると予想される。

水素燃料関連国内市場、2030年度には5447億円に拡大…富士経済

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 農水省が組織見直し、現場目線の農政を徹底 

    農水省が組織見直し、現場目線の農政を徹底 

  2. 三菱ふそう「もしも、世界からトラックが消えたなら」

    三菱ふそう「もしも、世界からトラックが消えたなら」

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  5. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  6. 国交省、重層下請構造を是正へ 建設工事

  7. ジョンソン日立空調が始動、売上規模5250億円を目標

  8. 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

  9. 国交省「歩切り」撤廃に向けたロードマップ公開……違反発注者名公表も

  10. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

アクセスランキングをもっと見る

page top