水素燃料関連国内市場の中長期予測…富士経済 画像 水素燃料関連国内市場の中長期予測…富士経済

マネジメント

富士経済は、水素燃料、水素ステーションおよび関連機器などの国内市場を調査・分析し、その結果を「2015年版 水素燃料関連市場の将来展望」にまとめた。

調査結果によると、2014年度の水素燃料関連市場は83億円。水素ステーションおよび関連機器が大半を占めている。

2014年12月のトヨタ『MIRAI』の販売開始に伴う経済産業省などの水素供給設備設置補助事業が後押しとなり、2015年度が先行する水素ステーションの設置ピークになると予測。補助事業が落ち着く2016年度以降水素ステーションの新規設置が一旦鈍化し市場は低迷するが、2018年度より再び拡大し、2030年度には累計で1000件弱の設置が予想される。

2020年度になると水素発電や車載機器関連が大きく伸びると予想。水素発電は安価な水素の輸入が開始され、大手事業者による水素サプライチェーンが確立する。車載機器関連は東京五輪を契機とした燃料電池車の普及に伴う需要増加が期待される。2030年度には水素発電、車載機器関連などを中心に各市場が大きく拡大し5447億円が予測される。

また水素燃料は、2018年度頃まで数億円の市場にとどまるが、2020年度以降は水素発電と燃料電池車の市場拡大に伴い大きく伸びると予想される。

水素燃料関連国内市場、2030年度には5447億円に拡大…富士経済

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

    「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

  3. 最長7年間の防犯カメラ保守サービス、関東でスタート

    最長7年間の防犯カメラ保守サービス、関東でスタート

  4. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  5. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  6. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  7. 女性が一番活躍している会社は? 「女性活躍パワーアップ大賞」が発表

  8. 国交省、外環道「東名以南」の整備具体化へ協議会設置

  9. 【解決!社長の悩み相談センター】第18回:二人になれば業績も2倍? (1)

  10. 国交省、基礎杭の工事監理指針案、地盤情報や施工留意点の共有を

アクセスランキングをもっと見る

page top