パスコ、浅瀬・岩礁にも対応する水中地形測量導入 画像 パスコ、浅瀬・岩礁にも対応する水中地形測量導入

IT業務効率

 パスコは26日、水深の浅い岩礁地帯などの水中の3次元座標を上空から効率的に計測できる「航空レーザー測深機(ALB)」を導入したと発表した。水中地形を測量する場合、一般的には測量船による測量が必要だったが、船が進入できない浅瀬や岩礁では正確な計測が難しかった。ALBを搭載した計測用の航空機が上空からレーザーを照射することで、水深数十メートル程度まで計測が可能。地上部の計測も同時に行うことができるため、作業の効率化にも貢献する。
 ALBは、地上部と水面を計測する近赤外レーザーと水中部を計測する緑色レーザーを同時に照射することで、水面に反射する信号の往復時間と、水を透過して水底に反射する往復時間の時間差から水深を算出し、地上部と同時に水中部の3次元座標を計測するというシステム。計測の際は、高解像度デジタル航空カメラでの撮影も同時に行うため、座標の情報だけでなくフルカラー画像データも取得できる。
 水中部の計測は、水質にもよるが、水深数十メートル程度まで上空から可能。河川や海岸線の浅瀬や岩礁エリアなどを効率的に計測するのに適している。測量船の計測範囲に対して倍以上の範囲を上空から一挙に計測でき、作業効率の向上が期待できる。地上部と水中部を同時計測することで、3次元地形モデルを継ぎ目なく統合することもできる。水中測量は、河川の維持管理や土砂流動のモニタリング、港湾の安全管理などで行われている。ALBをこれらの作業に活用することで、作業の効率化と安全性向上を実現する。

パスコ/上空から水中地形測量/航空レーザー測深機導入、浅瀬・岩礁も正確に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  3. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 【ITで強い商店街を作る:3】今どきの商店街のO2O戦略

  5. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  6. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  7. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  8. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  9. 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

  10. 【HJ HJ EYE:5】シェアリングエコノミーはビジネスをどう変えるのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top