京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング 画像 京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング

インバウンド・地域活性

 京都府で、繁忙期に農業事業者と農業に興味がある人をつなぐ取り組みが始まった。「援農隊」として農業を手伝える人を募集する。

 農業では野菜の定植期や収穫期など、繁忙期に入ると一時的に労働力が必要になる。だが、人口減少や高齢化が進んだ農村エリアでは、こうした一時的な労働力の確保が難しくなり、農業の継続に支障をきたすケースも発生している。

 今回の取り組みはこうした課題を解決するためのもの。NPO法人日本都市農村交流ネットワーク協会と連携した取り組みとなる。

 援農隊の参加条件は「農業に興味があって農作業を手伝えること」。経験不問で、農作業への参加は1日のみでもよい。援農隊として農作業を手伝った際には、農業事業者からお礼として農作物などが提供される。なお、登録の際には事前に説明会への参加が必要。

 一方、援農隊を派遣してもらいたい農業者や団体については、作業日数や内容などを伝え、お礼品を用意することがマッチングの条件。一時的な労働力確保や、農業の規模拡大に役立てられる。

 現在、援農隊と農業者の両方を募集中で、2016年3月4日まで登録を受け付けている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

    常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  3. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  8. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  9. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  10. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

アクセスランキングをもっと見る

page top