京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング 画像 京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング

インバウンド・地域活性

 京都府で、繁忙期に農業事業者と農業に興味がある人をつなぐ取り組みが始まった。「援農隊」として農業を手伝える人を募集する。

 農業では野菜の定植期や収穫期など、繁忙期に入ると一時的に労働力が必要になる。だが、人口減少や高齢化が進んだ農村エリアでは、こうした一時的な労働力の確保が難しくなり、農業の継続に支障をきたすケースも発生している。

 今回の取り組みはこうした課題を解決するためのもの。NPO法人日本都市農村交流ネットワーク協会と連携した取り組みとなる。

 援農隊の参加条件は「農業に興味があって農作業を手伝えること」。経験不問で、農作業への参加は1日のみでもよい。援農隊として農作業を手伝った際には、農業事業者からお礼として農作物などが提供される。なお、登録の際には事前に説明会への参加が必要。

 一方、援農隊を派遣してもらいたい農業者や団体については、作業日数や内容などを伝え、お礼品を用意することがマッチングの条件。一時的な労働力確保や、農業の規模拡大に役立てられる。

 現在、援農隊と農業者の両方を募集中で、2016年3月4日まで登録を受け付けている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

    東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】大人の女性の本当の声を届けたい……COAKI

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top