京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング 画像 京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング

インバウンド・地域活性

 京都府で、繁忙期に農業事業者と農業に興味がある人をつなぐ取り組みが始まった。「援農隊」として農業を手伝える人を募集する。

 農業では野菜の定植期や収穫期など、繁忙期に入ると一時的に労働力が必要になる。だが、人口減少や高齢化が進んだ農村エリアでは、こうした一時的な労働力の確保が難しくなり、農業の継続に支障をきたすケースも発生している。

 今回の取り組みはこうした課題を解決するためのもの。NPO法人日本都市農村交流ネットワーク協会と連携した取り組みとなる。

 援農隊の参加条件は「農業に興味があって農作業を手伝えること」。経験不問で、農作業への参加は1日のみでもよい。援農隊として農作業を手伝った際には、農業事業者からお礼として農作物などが提供される。なお、登録の際には事前に説明会への参加が必要。

 一方、援農隊を派遣してもらいたい農業者や団体については、作業日数や内容などを伝え、お礼品を用意することがマッチングの条件。一時的な労働力確保や、農業の規模拡大に役立てられる。

 現在、援農隊と農業者の両方を募集中で、2016年3月4日まで登録を受け付けている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 「品川新駅」本格着工。日本のグローバルなゲートウエーに!

アクセスランキングをもっと見る

page top