運送事業者向け睡眠時無呼吸症候群対策マニュアルを改定…国交省 画像 運送事業者向け睡眠時無呼吸症候群対策マニュアルを改定…国交省

マネジメント

国土交通省 自動車局安全政策課は8月27日、「自動車運送事業者における睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策マニュアル」の改訂版を公開した。

国土交通省では、2003年3月にマニュアル「睡眠時無呼吸症候群に注意しましょう」を策定。それから10年以上が経過し、SASスクリーニング検査を実施する事業者は増加しているが、未だに事故後に初めて運転者のSASが発覚するというようなケースも後を絶たない。

SASスクリーニング検査は、2014年4月に改訂された「事業用自動車の運転者の健康管理マニュアル」の中での「推奨検査」とされており、さらなるSASスクリーニング検査の周知と、適切な治療が強く望まれている。しかし、その一方、SASスクリーニング検査後の職場内での運用等において、管理者が手探りで模索している状況も見受けられる。

今回公開したマニュアル改訂版では、「SAS対策は難しい」と捉えて、なかなか検査に踏み切ることができない、検査はしたもののフォローができていない、乗務可否判断が難しいなど、事業者が感じている対応面での懸念を踏まえて、SASスクリーニング検査の実施前(準備)から実施後(フォロー・活用)までの対応について、一連の流れを具体的に示している。

国交省、睡眠時無呼吸症候群対策マニュアルを改定…運送事業者向け

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. インバウンドだけでなく日本人旅行者も…星野リゾート代表

    インバウンドだけでなく日本人旅行者も…星野リゾート代表

  2. 道路舗装大手8社の15年4~9月期決算、4社増収、7社増益

    道路舗装大手8社の15年4~9月期決算、4社増収、7社増益

  3. 「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

    「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

  4. 「予約忘れ」も理由の8.9%――店舗を悩ませる「予約キャンセル」の調査結果発表

  5. 公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

アクセスランキングをもっと見る

page top