【外食ビジネスウィーク2015】ショーケースの冷却効率を上げる“適温剤”、電力を約30%削減 画像 【外食ビジネスウィーク2015】ショーケースの冷却効率を上げる“適温剤”、電力を約30%削減

マネジメント

 26日から東京ビッグサイトで開催中の「外食ビジネスウィーク2015」で、オリエント商事は蓄熱材「ショーケース用メカクール」に関する展示を行った。

 メカクールは常温で凝固する特性を持つ蓄熱材。凝固点を5度や9度、12度というように調整できるため、メーカーでは“適温剤”といった呼び方をしている。

 ショーケース用のメカクールでは、指定の温度を維持することで、冷却コストを抑えることを目的としている。ショーケースでは通常、温度を保つために、1日に30回ぐらい冷却が行われているとのこと。その温度上昇を抑えることで、冷却回数を25回程度に低減。さらに、霜取りの際にも一般に16度ぐらいまで上昇する庫内の温度を、12度程度まで抑えられるという。

 なお、具体的な設置についてだが、同社ではショーケース中板の底部裏側への固定を想定しているという。これによって冷気が下の空間に流れ、庫内を効率的に冷却できるとのこと。ただし、ケースの種類によっては設置方法に加え、冷却制御についても調整が必要となるため、まずはモニタリングを行うケースが出てくるようだ。

 経年劣化の試験では5年間は性能を維持でき、基本的にはメンテナンスフリーで利用できるとのこと。環境にもよるが冷却にかかる電力を約30%削減できるため、約2年間でのコスト償却を見込んでいるという。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 覆工コンクリ剥落防止工法、西松建設とアオイ化学工業が共同開発

    覆工コンクリ剥落防止工法、西松建設とアオイ化学工業が共同開発

  2. 1級施工管理技術者検定の学科受験者が大幅増、建築は12・3%増

    1級施工管理技術者検定の学科受験者が大幅増、建築は12・3%増

  3. 東芝が深刻、フリーキャッシュフロー悪化で資金調達に影響も

    東芝が深刻、フリーキャッシュフロー悪化で資金調達に影響も

  4. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  5. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  6. 風力発電「コスト8-9円」は実現可能…技術革新で大幅減

  7. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

アクセスランキングをもっと見る

page top