神奈川県藤沢市の新庁舎建設、162億円で鹿島JVに 画像 神奈川県藤沢市の新庁舎建設、162億円で鹿島JVに

インバウンド・地域活性

 神奈川県藤沢市は、7月21日に一般競争入札を開札した「藤沢市新庁舎建設工事」の落札者を162億円で鹿島・門倉組JVに決め、仮契約した。9月の定例市議会で承認を得た上で、正式契約する。入札参加者数、設計金額などは議決後に公表する。
 建設地は現庁舎と同じ朝日町1の1。敷地面積は1万6291平方メートル、建築面積は4799平方メートル。新庁舎はRC造地下1階地上10階建て延べ3万5435平方メートルの規模になる。工事概要は建築、電気設備、機械設備、昇降機設備、土木、その他付帯工事一式を一括して発注する。
 工期は17年12月13日まで。実施設計は梓設計が担当している。出来高予定割合は15年度が4%、16年度が20%、17年度が76%。
 本館(築60年)と東館(築50年)の老朽化による建て替え事業。新庁舎の整備では、市は当初の基本構想時点で延べ2万8000平方メートルの規模としていたが、その後に施設の規模を拡大。駅と市庁舎間の連絡がしやすいよう歩道橋の整備も追加した。さらに労務費や資機材費の高騰などもあり、総事業費の見込み額も当初の120億円から188億円に拡大していた。

神奈川県藤沢市/新庁舎建設/鹿島JVに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  5. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  8. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  9. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  10. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

アクセスランキングをもっと見る

page top