神奈川県藤沢市の新庁舎建設、162億円で鹿島JVに 画像 神奈川県藤沢市の新庁舎建設、162億円で鹿島JVに

インバウンド・地域活性

 神奈川県藤沢市は、7月21日に一般競争入札を開札した「藤沢市新庁舎建設工事」の落札者を162億円で鹿島・門倉組JVに決め、仮契約した。9月の定例市議会で承認を得た上で、正式契約する。入札参加者数、設計金額などは議決後に公表する。
 建設地は現庁舎と同じ朝日町1の1。敷地面積は1万6291平方メートル、建築面積は4799平方メートル。新庁舎はRC造地下1階地上10階建て延べ3万5435平方メートルの規模になる。工事概要は建築、電気設備、機械設備、昇降機設備、土木、その他付帯工事一式を一括して発注する。
 工期は17年12月13日まで。実施設計は梓設計が担当している。出来高予定割合は15年度が4%、16年度が20%、17年度が76%。
 本館(築60年)と東館(築50年)の老朽化による建て替え事業。新庁舎の整備では、市は当初の基本構想時点で延べ2万8000平方メートルの規模としていたが、その後に施設の規模を拡大。駅と市庁舎間の連絡がしやすいよう歩道橋の整備も追加した。さらに労務費や資機材費の高騰などもあり、総事業費の見込み額も当初の120億円から188億円に拡大していた。

神奈川県藤沢市/新庁舎建設/鹿島JVに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  2. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  7. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  8. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top