高知の老舗竹屋が竹で電気自動車を作る……CFで資金調達 画像 高知の老舗竹屋が竹で電気自動車を作る……CFで資金調達

インバウンド・地域活性

高知県の虎斑竹(とらふだけ)専門店 竹虎は、竹で作る電気自動車プロジェクトを開始。クラウドファンディングを通じた資金援助の募集を開始した。

虎斑竹とは、高知県須崎市安和にある、わずか1.5kmの間口の谷間でしか育成しない不思議な虎模様の浮き出る竹。竹虎は、竹かごや竹ざる、竹皮草履、竹炭などを製造、販売している創業明治27年、田舎の小さな老舗竹屋だ。

今回、竹虎は竹の可能性を多くの人に知ってもらうことを目的に、虎竹を使った電気自動車作りに挑戦する。竹は、わずか3か月で親竹と同じ大きさに成長する継続利用可能なエコ素材。竹で環境に優しい電気自動車を製作し、風をきるスピード感の中で、実際に竹の強さ、しなやかさ、清々しさなどを肌に感じてもらう。

虎竹自動車プロジェクトは、きびだんごが運営するクラウドファンディングにより進行。期間は8月26日から10月6日まで。目標金額は340万円。支援者への特典として、竹製のスマホスタンドや大根おろしのほか、虎竹自動車で竹虎四代目と行く1泊2日のツアーなどを用意する。

高知の老舗竹屋、竹で作る電気自動車プロジェクトを開始

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. ■ニュース深掘り!■中野から考える、都市部の駅前再開発

  8. 東京都・石神井川の治水対策、城北中央公園直下に地下調節池を新規整備

  9. コーヒー店が大豆商品を販売!? 隠された農家の物語とは?

  10. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

アクセスランキングをもっと見る

page top