Core i7で自動運転……ZMP、RoboCar用車載コンピュータの販売開始 画像 Core i7で自動運転……ZMP、RoboCar用車載コンピュータの販売開始

IT業務効率

ZMPは、インテル製のCPUを使用し、自動運転の技術開発に使用する車載コンピュータ「IZAC」の販売を開始した。

ZMPは、市販車をベースとしたロボットカー「RoboCar HV/PHV/MiniVan」を自動運転技術開発プラットフォームとして販売している。自動運転車では、様々な周辺環境センサーやカメラの映像などの膨大な情報から、リアルタイムで自車位置推定やマッピング、障害物やレーン検知などを行った上で、経路生成とトラッキングなどの判断を瞬時に行い、車両のステアリングやアクセル・ブレーキの制御を行う複雑な計算処理が必要となる。

RoboCarではこれまで、車両に制御信号を送るコントローラボックスに外付けのパソコンを接続し、購入した開発者が様々なソフトウェアを自らパソコン上で準備した上で開発に使用してきた。

IZACは、インテルCore i7プロセッサーをメインCPU に使用し、リアルタイム性を要求されるタスクと非リアルタイムなタスクをワンボックスで制御可能。ZMPがこれまでの自動運転開発を通して培ってきた、障害物回避、レーン検知など、様々な自動運転アルゴリズムをコンポーネントとして順次提供し、顧客は既存コンポーネントを利用してアプリケーションや独自の制御システムの実装が可能となる。

IZACは、ハードウェアと基本ソフトウェアが含まれるベースパッケージが350万円(税別)で、受注を開始、10月末から出荷を開始する。

ZMP、自動運転技術開発用の車載コンピューターを販売…インテル製CPU搭載

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. NECが土砂斜面の崩壊危険性「見える化」システムを発売

    NECが土砂斜面の崩壊危険性「見える化」システムを発売

  2. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

    民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

  3. LINE@にポイントカード機能…利用者データ分析なども

    LINE@にポイントカード機能…利用者データ分析なども

  4. 建設業でも進む3次元CAD活用……視覚情報とシミュレーション強化

  5. KTCがオートサービスショーでオイル、ブレーキフルード、LLCの交換実演

  6. 大林組がIoT活用のシャツ型センサータイムリーに体調管理

  7. かつてあった沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」!

  8. 建設11団体が賀詞交歓会、建設業再生に一丸

  9. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  10. 【外食ビジネスウィーク2015】スマートウォッチでPOS……飲食店で現場スタッフの効率化を追求

アクセスランキングをもっと見る

page top