Core i7で自動運転……ZMP、RoboCar用車載コンピュータの販売開始 画像 Core i7で自動運転……ZMP、RoboCar用車載コンピュータの販売開始

IT業務効率

ZMPは、インテル製のCPUを使用し、自動運転の技術開発に使用する車載コンピュータ「IZAC」の販売を開始した。

ZMPは、市販車をベースとしたロボットカー「RoboCar HV/PHV/MiniVan」を自動運転技術開発プラットフォームとして販売している。自動運転車では、様々な周辺環境センサーやカメラの映像などの膨大な情報から、リアルタイムで自車位置推定やマッピング、障害物やレーン検知などを行った上で、経路生成とトラッキングなどの判断を瞬時に行い、車両のステアリングやアクセル・ブレーキの制御を行う複雑な計算処理が必要となる。

RoboCarではこれまで、車両に制御信号を送るコントローラボックスに外付けのパソコンを接続し、購入した開発者が様々なソフトウェアを自らパソコン上で準備した上で開発に使用してきた。

IZACは、インテルCore i7プロセッサーをメインCPU に使用し、リアルタイム性を要求されるタスクと非リアルタイムなタスクをワンボックスで制御可能。ZMPがこれまでの自動運転開発を通して培ってきた、障害物回避、レーン検知など、様々な自動運転アルゴリズムをコンポーネントとして順次提供し、顧客は既存コンポーネントを利用してアプリケーションや独自の制御システムの実装が可能となる。

IZACは、ハードウェアと基本ソフトウェアが含まれるベースパッケージが350万円(税別)で、受注を開始、10月末から出荷を開始する。

ZMP、自動運転技術開発用の車載コンピューターを販売…インテル製CPU搭載

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. 日野といすゞの新型観光バス、クラリオンの集中操作システムを採用

    日野といすゞの新型観光バス、クラリオンの集中操作システムを採用

  3. ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

    ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

  4. 3Dプリンターが物流を変える!?

  5. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  6. 建設現場向け自律型清掃ロボット、1平米当たり0.4分で清掃!

  7. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  8. 安藤ハザマら、ARで空調温度、気流を見える化/室内環境可視化技術「環境ウォッチ」

  9. 豊田自動織機と日東工業、PHV/EV対応のハイブリッド充電設備開発

  10. 接近車両を検知する自転車用後方レーダー

アクセスランキングをもっと見る

page top