桜島噴火で中小企業に対して資金繰り支援発動、大涌谷・口永良部島に続き今年3例目 画像 桜島噴火で中小企業に対して資金繰り支援発動、大涌谷・口永良部島に続き今年3例目

制度・ビジネスチャンス

 経済産業省が桜島の火山活動の影響を受けた中小企業に対して金融支援措置を行うことを発表した。一般保証とは別枠での保証の利用が可能になる。

 今回発動されたのはセーフティネット保証4号の指定。中小企業信用保険法に基づくもので、突発的な災害によって経済活動に支障が発生している地域を指定。当該地区で売上げが減少している中小企業で、無担保8000万円、最大2億8000万円の保証が利用できる。保証額は借入額の100パーセント。

 利用対象となるのは、指定地域で1年間以上継続して事業を行っている事業者。桜島における火山活動の影響を受けて、最近1か月の売上げが前年同月に対して20%以上減少しており、その後の2か月を含む3か月間の売上げが20%以上減少する見込みとなることが条件となる。

 今年はこのほかに、大涌谷周辺の火山活動、口永良部島の噴火に対しても周辺事業者に対するセーフティネット4号が発動されている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  2. 上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

    上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

  3. 国交省/若手職員による政策立案プロジェクト「政策ベンチャー2030」始動へ

    国交省/若手職員による政策立案プロジェクト「政策ベンチャー2030」始動へ

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  6. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

  7. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  8. 名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手

  9. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  10. ~着地型観光:3~ストーリーをどう作ればいいのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top