桜島噴火で中小企業に対して資金繰り支援発動、大涌谷・口永良部島に続き今年3例目 画像 桜島噴火で中小企業に対して資金繰り支援発動、大涌谷・口永良部島に続き今年3例目

制度・ビジネスチャンス

 経済産業省が桜島の火山活動の影響を受けた中小企業に対して金融支援措置を行うことを発表した。一般保証とは別枠での保証の利用が可能になる。

 今回発動されたのはセーフティネット保証4号の指定。中小企業信用保険法に基づくもので、突発的な災害によって経済活動に支障が発生している地域を指定。当該地区で売上げが減少している中小企業で、無担保8000万円、最大2億8000万円の保証が利用できる。保証額は借入額の100パーセント。

 利用対象となるのは、指定地域で1年間以上継続して事業を行っている事業者。桜島における火山活動の影響を受けて、最近1か月の売上げが前年同月に対して20%以上減少しており、その後の2か月を含む3か月間の売上げが20%以上減少する見込みとなることが条件となる。

 今年はこのほかに、大涌谷周辺の火山活動、口永良部島の噴火に対しても周辺事業者に対するセーフティネット4号が発動されている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

    ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

  2. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

    名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  3. JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

    JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. 5月の企業倒産件数、1年11か月ぶりに800件を超える

  6. 2016年の休廃業・解散企業、過去最高の2万9583件。倒産の3.5倍

  7. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  8. ドローン操縦士協会発足!2020年の経済効果は91兆3000億円!!

  9. 物流デベロッパー・トップの視点(5):グッドマンジャパン社長兼CEO、開発地の調査徹底しリスク回避

  10. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

アクセスランキングをもっと見る

page top