とっくりからスペースインベーダーまで、経産省が海外発信したいふるさと名物「The Wonder 500」を選定 画像 とっくりからスペースインベーダーまで、経産省が海外発信したいふるさと名物「The Wonder 500」を選定

インバウンド・地域活性

 経済産業省が日本の優れた地方産品「The Wonder 500」の選定商材を発表した。キッチン雑貨、食を筆頭に、ファッション、生活雑貨、文具、インテリア、飲料、観光の8カテゴリで計500商材が選ばれている。

 The Wonder 500は、日本のまだ知られていないものづくり製品や観光資源、食などの「ふるさと名物」を海外に向けてPRし、情報発信や販路開拓を支援するプロジェクト。地域や中小企業の活性化を狙ったものだ。

 今回選ばれた商材を見ていくと、「白釉 徳利」や「築地伏高の鰹節削器」「競技用けん玉」「日向しょうのう」といった伝統的な商品をベースにしたものから、「溶岩プレート溶岩万能グリル」や「スペースインベーダーマット」のように現代的な商品までがラインナップされている。

 選ばれた商材はThe Wonder 500のサイト上で公開されており、カテゴリーや生産地などで検索できる。掲載された写真などは自由に使用可能で、利用報告フォームが用意されている。

 今後は9月2日から行われる「第80回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2015」を皮切りに、国内のイベントに選定した「ふるさと名物」を展示予定。また、フランスの「PARIS DESIAGN WEEK 2015」やイギリスの情報誌「MONOCLE(モノクル)」へのタイアップ掲載、台湾の有名ショップでの販売など、海外への展開も進めていく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

    “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  4. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  5. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  6. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  7. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  8. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  9. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  10. 飯田橋駅を改良工事、ホームの隙間など安全対策

アクセスランキングをもっと見る

page top