マクドナルド、「スポーツ食育」テーマに食育支援コンテンツ配信……サブ教材も 画像 マクドナルド、「スポーツ食育」テーマに食育支援コンテンツ配信……サブ教材も

ライフ

 小・中学校の食育授業を支援するウェブサイト「食育の時間」の10周年を記念し、日本マクドナルド(株)はこのほど、「スポーツ食育」を題材にした新しいコンテンツ「放課後―スポーツを全力で楽しもう!もっと強くなれるヒミツ」を追加した。
 授業時数の増加や通塾などで毎日忙しく過ごす子どもたちのために開発した。テーマは「スポーツ食育」。運動を頑張る子どもたちが、練習をより効果的に、そして試合で活躍できるようになるには、毎日の食事や正しい生活習慣の積み重ねが重要になる。それを自ら考え、アニメや栄養士などのプロのアドバイスを通して学ぶことのできる内容になっている。
 今秋以降には、デジタルブックコンテンツも導入する予定。食育授業に45分を割けないという学校現場の声を受け、給食の時間や朝学習などで活用できるサブ教材として提供するという。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 「高校生のデモ、届出制は現場判断で」と文科相

    「高校生のデモ、届出制は現場判断で」と文科相

  2. マクドナルド、「スポーツ食育」テーマに食育支援コンテンツ配信……サブ教材も

    マクドナルド、「スポーツ食育」テーマに食育支援コンテンツ配信……サブ教材も

  3. 【回転窓】4年に一度の…

    【回転窓】4年に一度の…

  4. 2015年の話題「爆買い/インバウンド」「錦織圭」……電通総研

  5. 千葉県、子どもと教職員へのセクハラは特別支援学校に多く

  6. [ヒットの兆し] アンズ新品種「ニコニコット」 生食OK 結実性抜群 

アクセスランキングをもっと見る

page top