【外食ビジネスウィーク2015】ITに弱い老舗もOK……クラウド予約台帳「TORETA」 画像 【外食ビジネスウィーク2015】ITに弱い老舗もOK……クラウド予約台帳「TORETA」

IT業務効率

 株式会社トレタは26日、東京ビッグサイトで開催中の「外食ビジネスウィーク2015」で、同社の予約台帳アプリに関する展示を行った。

 予約台帳アプリ「TORETA」では、ITリテラシーの低い人でも使いこなせるよう、シンプルなインターフェイスを追及。日時と人数を指定すると、画面上に当日の席の空き状況を表示。空席を指定したら、後は名前などのプロフィールを入力するだけと、最短の操作で登録が行える。手書きのメモ機能もあるので、メニューの指定や誕生日ケーキの用意などを記録することも可能だ。

 なお、このときに電話番号を入力すると、過去に同じお客様の利用があった場合には、プロフィールを自動で登録。これにより、アルバイトなどでも柔軟な対応ができると、同社のマーケティングチームに所属する高本真由美氏は話している。

「例えば、『いつもお世話になっています』とお声掛けするなど、常連の方には相応の対応が可能になります。禁煙希望やアレルギーの有無などの情報は属性として登録され、いちいち確認しなくても、情報を呼び出すことが可能です」

 その他、メニューやコースを登録しておくことで、予約時にオーダーを登録可能。サービスには複数の端末からアクセスできるため、カウンターだけでなく、キッチンスタッフとも予約情報を共有できる。

 さらに、マーケティング向けとしては、登録したお客様の情報を、顧客台帳という形に自動でまとめる機能も用意した。写真の保存にも対応しているため、中には頂いた名刺をその場で撮影し、情報として記録しているお店もあるようだ。

 その上でTORETAでは、Web予約の機能を無料で提供。さらに、「Yahoo!予約 飲食店」や「ヒトサラ」連携しており、登録された予約が自動でTORETAと同期される。

「Web予約を利用して頂くことで、電話の繋がりにくい繁盛店でも、24時間お客様を取りこぼすことがなくなります。電話予約とウェブ予約がリアルタイムで同期されるので、ダブルブッキングの心配もありません」

 TORETAは1店舗あたり月額1万2000円から利用が可能。登録店舗は15年6月の時点で3000店舗を超え、「俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA」などの人気店でも利用されているという。予約登録の効率化や人的コストの削減だけでなく、お店のサービス向上のためにも魅力的なサービスとなりそうだ。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. 【ICTが変える高齢化社会:5】介護者を支援する「パワードスーツ」

    【ICTが変える高齢化社会:5】介護者を支援する「パワードスーツ」

  4. 日建連が建築工事の共通工期を設定。算定プログラム開発

  5. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

  6. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  7. 戸田建設らがiPad用内装仕上げ検査システムを開発、入力時の操作性が向上

  8. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】企業に大きなメリット!…日本版電子レシート最前線

  9. ~ITで強い商店街を作る:1~地域ポイントサービスとその先

  10. 日本における「インダストリー4.0」を考える

アクセスランキングをもっと見る

page top