日野ブルーリボン新型、ディーゼル/HVともに燃費向上 画像 日野ブルーリボン新型、ディーゼル/HVともに燃費向上

インバウンド・地域活性

日野自動車は、大型路線バス『ブルーリボンII』と『ブルーリボンシティ ハイブリッド』をモデルチェンジし、ディーゼル車を『ブルーリボン』として9月1日に、ハイブリッド車を『ブルーリボン ハイブリッド』として12月1日に発売する。

今回のモデルチェンジでは、エンジンの小排気量化とAMT(機械式自動変速機)の採用、またブルーリボン ハイブリッドはEV走行も可能な新ハイブリッドシステムを搭載することで大幅に燃費を向上させた。ブルーリボンは燃費基準値に対して+13%、ブルーリボン ハイブリッドは+20%の低燃費を達成、エコカー減税の対象となった。

今回、ブルーリボンに搭載した4HK1型エンジン、ブルーリボン ハイブリッドに搭載したA05C型エンジンは、ともに排気量5リットルクラスのダウンサイジングエンジン。小排気量ながら低回転から高トルクを発揮し、十分な動力性能を確保しつつ低燃費を実現している。また新たに採用した6段AMTは、電子制御による自動変速でエンジンの燃費の良い領域を適切に使用することで燃費向上に貢献している。

またホイールベースを延長してノンステップエリアを拡大するとともに新型客席シートの採用などにより乗客の利便性、快適性を向上。さらに設置の簡単な車いす用スロープや車いす固定装置を採用し、車いすの乗客にも優しいバスとした。

ブルーリボン ハイブリッドは、今回新たにエンジンとモーターの間にクラッチを配置。エネルギー回生効率を向上させるとともに、発進時にはモーターのみによるEV走行を可能にした。また、ハイブリッドシステムの高電圧による危険防止の対策を実施しており、「バッテリー式電気自動車に係る協定規則(第100号)」に適合している。

価格は、ブルーリボン ハイブリッド QSG-HL2ANAP、路線・都市型、A05C-K1エンジン、6速AMT、乗車定員79人が3061万2600円など。

日野、大型路線バスをモデルチェンジ…ディーゼル/HVともに燃費向上

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  5. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  6. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  7. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  8. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  9. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top