【外食ビジネスウィーク2015】業界大手のセイコー、iOSアプリによるPOS&オーダリング提供へ 画像 【外食ビジネスウィーク2015】業界大手のセイコー、iOSアプリによるPOS&オーダリング提供へ

IT業務効率

 セイコーソリューションズは26日、東京ビッグサイトで開催中の「外食ビジネスウィーク2015」で、同年4月から提供中のスマートデバイスPOS&オーダリングサービス「oishino」に関する展示を行った。

 同社ではこれまで専用端末を用いたオーダリングシステム「MONSTERA」を提供してきた。しかし、専用端末は導入コストが100万円前後となるため、小規模店では気軽に利用できない。そのため、オーダーのミスや遅延があっても、紙の伝票を使い続けているのが現状だった。

 そこで「oishino」では、専用端末の代わりにユーザーが利用しているiPhone、及びiPadを利用することで、初期コストを一式35万円まで抑えている。その構成は無線LANのアクセスポイント、キッチンプリンタ、キャッシュドロア、レシートプリンタという内容。これらを、月額1万2000円からのサポート費用で利用可能だ。

 なお、近年では会計済みの伝票の保管が義務付けられているが、「oishino」では伝票を電子ジャーナルとして、法的な規格で保存可能。これにより伝票の完全なペーパーレスを実現している点も、見逃せない特徴となる。もちろん、日々の売り上げはリアルタイムでモニタリングできるため、多店舗経営のオーナーなどは、経営の分析にも利用できるだろう。

 近年ではスマートデバイスを用いたオーダリングシステムが増えているが、「oishino」の魅力は24時間体制のコールセンターが利用できること。保守員が全国をカバーしているため、柔軟な修理対応も期待できそうだ。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

    山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  4. VRによるショッピングの未来、VRコマース

  5. 首都高速会社が自動運転支援で異業種連携。3Dデータ×GISでインフラを点検

  6. 3Dプリンターでコンクリの大型建築物部材を製作!

  7. 大林組がIoT活用のシャツ型センサータイムリーに体調管理

  8. 西武建設と岩崎がVR技術活用の安全教育システム開発。現場を3D再現、気づき体感

  9. 熊谷組ら4社、コッター式継ぎ手を使用した橋梁床版の実用化にめど

  10. IoTベンチャーをワンストップで支援するプログラムがリリース!

アクセスランキングをもっと見る

page top