夏期野外イベントの熱中症対策、東京五輪視野に強化 環境省 画像 夏期野外イベントの熱中症対策、東京五輪視野に強化 環境省

インバウンド・地域活性

 環境省は、2020年東京オリンピック・パラリンピックで、マラソンなど屋外競技観戦のために多くの人が会場や沿道に詰め掛け、炎天下で長時間混雑することが予想されるため、熱中症対策の強化に乗り出す。来夏行われる大規模な野外イベントを複数選び、主催者が来場者に対する小まめな水分補給の周知や、患者を搬送する救急車の経路確保などに取り組むモデル事業を実施する方針。16年度予算概算要求に関連経費を盛り込む。 同省は、同じ場所でも集客人数が多い方が熱中症のリスクが高まると予想。集客人数から患者発生数を予測できる図表や、熱中症の基本的な知識や予防策、患者への応急処置などを解説したイベント主催者向けの指針を15年度末に作り、モデル事業に生かす。 この他、訪日外国人に対する多言語での啓発にも乗り出す。外国人観光客に人気のウェブサイトなどで日本の暑さや対策について紹介し、理解を深めてもらう。

夏の野外イベントモデルに―環境省、東京五輪に向け熱中症対策強化

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 農村の空き家を宿泊施設に! 観光客目線で農泊を/兵庫県篠山市

    農村の空き家を宿泊施設に! 観光客目線で農泊を/兵庫県篠山市

  2. 相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

    相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

  3. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

    金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  4. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  5. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  6. ~田舎にもっと外貨を!:1~広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  7. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  8. ~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今

  9. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  10. 老朽化進むJR茨木駅西口の再開発、まちづくり協議会設立へ

アクセスランキングをもっと見る

page top