千葉県成田市、新設予定の大学医学部付属病院の規模を発表 画像 千葉県成田市、新設予定の大学医学部付属病院の規模を発表

インバウンド・地域活性

 千葉県成田市は、「公津の杜」(公津の杜4の1の1~5)に新設を予定している大学医学部付属病院の規模を公表した。畑ケ田地区の多目的スポーツ広場整備用地とその周辺の畑などを合わせた18・8ヘクタールの敷地に延べ約9・1万平方メートル規模の病院を建設する。17年度上半期の着工、19年度の開業を目指す。建設費は未定。
 候補地は、市が多目的スポーツ広場を整備するために取得した畑ケ田地区内の市有地(敷地面積15万2419平方メートル)に周辺の畑や山林を加えた18万7575平方メートルの敷地。建物の規模は地下1階地上11階延べ9万1000平方メートルで、600床を設ける。
 大学医学部の新設について、市は建設候補地に公津の杜内の京成電鉄の所有地(敷地面積1万4827平方メートル)を選定した。市が京成電鉄から土地を取得し、大学側に無償貸与する見通し。建物はRC造6階建てと同11階建ての2棟を整備する方針。総延べ床面積は約4万8550平方メートルを見込む。建設費(医療設備費含む)は約160億円と想定しているが、資機材費の高騰などを考慮して、将来的に増額する可能性もあるという。今秋以降、医学部を開設する大学の公募を開始し、17年4月の開校を目指す。

千葉県成田市/新設大医学部付属病院建設/延べ9万平米、17年度上期着工へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  2. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  3. 電車待ちながらほろ酔い気分、山梨の駅にワイン自販機

    電車待ちながらほろ酔い気分、山梨の駅にワイン自販機

  4. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  5. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  6. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  9. 愛知県弥富市新庁舎建設、大地震対応で液状化対策

  10. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

アクセスランキングをもっと見る

page top