千葉県成田市、新設予定の大学医学部付属病院の規模を発表 画像 千葉県成田市、新設予定の大学医学部付属病院の規模を発表

インバウンド・地域活性

 千葉県成田市は、「公津の杜」(公津の杜4の1の1~5)に新設を予定している大学医学部付属病院の規模を公表した。畑ケ田地区の多目的スポーツ広場整備用地とその周辺の畑などを合わせた18・8ヘクタールの敷地に延べ約9・1万平方メートル規模の病院を建設する。17年度上半期の着工、19年度の開業を目指す。建設費は未定。
 候補地は、市が多目的スポーツ広場を整備するために取得した畑ケ田地区内の市有地(敷地面積15万2419平方メートル)に周辺の畑や山林を加えた18万7575平方メートルの敷地。建物の規模は地下1階地上11階延べ9万1000平方メートルで、600床を設ける。
 大学医学部の新設について、市は建設候補地に公津の杜内の京成電鉄の所有地(敷地面積1万4827平方メートル)を選定した。市が京成電鉄から土地を取得し、大学側に無償貸与する見通し。建物はRC造6階建てと同11階建ての2棟を整備する方針。総延べ床面積は約4万8550平方メートルを見込む。建設費(医療設備費含む)は約160億円と想定しているが、資機材費の高騰などを考慮して、将来的に増額する可能性もあるという。今秋以降、医学部を開設する大学の公募を開始し、17年4月の開校を目指す。

千葉県成田市/新設大医学部付属病院建設/延べ9万平米、17年度上期着工へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top