【外食ビジネスウィーク2015】製麺業から6次産業へ、安全・安心のモノづくりを追求する札幌製麺 画像 【外食ビジネスウィーク2015】製麺業から6次産業へ、安全・安心のモノづくりを追求する札幌製麺

インバウンド・地域活性

 札幌製麺(株式会社フライヤーズカンパニー)は26日、東京ビッグサイトで開催中の「外食ビジネスウィーク2015」で、自社の製品についての展示を行った。

 同社は農業組合法人ロックスプリング農業組合として、北海道の赤井川村で3年前から蕎麦や小麦などの栽培に着手。24年2月には6次産業化法に基づく事業計画が、農林水産省から認定されている。

 同社で営業を務める菅野達也氏によると、この取り組みの根底にあったのは、お客様に安全かつ安心できる製品を届けたいという決意だったという。

「製麺業を行う中で、安全かつ安心な製品づくりには何が必要かと考えた時、やはり一番なのは自分たちで穀物を作ることだと思うようになりました。そのために農業について学び、土壌を有機質で作るなどの取り組みをしたことで、旨みや香りの強い小麦を栽培することができたのです」

 現在、札幌製麺では焼肉レストランチェーン「牛角」をはじめ、全国約2000店舗に月間10万食を提供しているという。農事組合法人として安全を証明し、そのコンセプトをお客様に明確に伝えられるようになったこと。それが、札幌製麺というブランドを後押しする存在となっているようだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  2. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

    8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良、5000席増設へ

  7. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  9. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  10. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top