【外食ビジネスウィーク2015】製麺業から6次産業へ、安全・安心のモノづくりを追求する札幌製麺 画像 【外食ビジネスウィーク2015】製麺業から6次産業へ、安全・安心のモノづくりを追求する札幌製麺

インバウンド・地域活性

 札幌製麺(株式会社フライヤーズカンパニー)は26日、東京ビッグサイトで開催中の「外食ビジネスウィーク2015」で、自社の製品についての展示を行った。

 同社は農業組合法人ロックスプリング農業組合として、北海道の赤井川村で3年前から蕎麦や小麦などの栽培に着手。24年2月には6次産業化法に基づく事業計画が、農林水産省から認定されている。

 同社で営業を務める菅野達也氏によると、この取り組みの根底にあったのは、お客様に安全かつ安心できる製品を届けたいという決意だったという。

「製麺業を行う中で、安全かつ安心な製品づくりには何が必要かと考えた時、やはり一番なのは自分たちで穀物を作ることだと思うようになりました。そのために農業について学び、土壌を有機質で作るなどの取り組みをしたことで、旨みや香りの強い小麦を栽培することができたのです」

 現在、札幌製麺では焼肉レストランチェーン「牛角」をはじめ、全国約2000店舗に月間10万食を提供しているという。農事組合法人として安全を証明し、そのコンセプトをお客様に明確に伝えられるようになったこと。それが、札幌製麺というブランドを後押しする存在となっているようだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

    日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  4. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  6. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  7. 北海道新幹線手稲トンネルの計画変更/高架橋部分を地下化、「札樽トンネル」に

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top