リストバンドで現場作業員の体調管理 清水建設と東芝が開発へ 画像 リストバンドで現場作業員の体調管理 清水建設と東芝が開発へ

マネジメント

 清水建設と東芝は共同で、建設現場で働く作業員の体調管理に関する実証実験を16年8月24日までの1年にわたって実施する。リストバンド型の生体センサーを活用し、一人一人の健康状態を把握、管理するシステムを共同で開発する。三重県四日市市内で清水建設が施工する現場で実験を行い、計70人の作業員の体調を24時間モニタリングする。
 実証実験では、対象者がリストバンド型生体センサーを24時間装着。出勤時に、前日までの睡眠時間や食事内容、活動量などの生活記録(ライフログ)データをスマートフォンから確認し、それぞれが自分の体調を客観的に把握する。2社は、その日の体調に合わせた作業量の負荷調整などが行えるよう、個人のライフログデータを現場管理者のタブレット型端末やパソコンなどに収集し、管理・閲覧できるシステムの開発を目指す。
 生体センサーは、東芝製の「Silmee(シルミー)」シリーズを採用。2週間充電せずに連続使用できるため、腕に装着しているだけで簡単に日々のライフログデータを連続計測できる。
 夏場の建設現場では熱中症も頻発しており、作業員の健康管理が課題となっている。両社は、ライフログデータを作業員個人の日々の健康管理とともに、作業環境の改善による職場の安全性向上にも役立てる考えだ。

清水建設、東芝/現場作業員の体調管理システム開発へ/1年かけ実証実験実施

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 今年の忘年会、混雑ピーク予測

    今年の忘年会、混雑ピーク予測

  2. 新しくなるVICS――旅行時間や緊急情報など警察庁が制約解除

    新しくなるVICS――旅行時間や緊急情報など警察庁が制約解除

  3. 効率的な「泥土圧シールド技術」、巨礫も機内取り込み 奥村組

    効率的な「泥土圧シールド技術」、巨礫も機内取り込み 奥村組

  4. 曙ブレーキ、生産設備の減損処理などで60億円の赤字

アクセスランキングをもっと見る

page top