事業資金1千万を得たあなご専門店の事例紹介など、大阪でクラウドファンディング活用セミナー+交流会開催 画像 事業資金1千万を得たあなご専門店の事例紹介など、大阪でクラウドファンディング活用セミナー+交流会開催

制度・ビジネスチャンス

 大阪・堺商工会議所と大阪府は25日、「インターネットで共感を得て資金を集める! クラウド・ファンディング活用セミナー+交流会~起業家・モノづくりを支える新しい資金調達方法~」の開催を発表した。

 クラウドファンディングとは、インターネットを通じて不特定多数のユーザーから小口の融資を集め、事業資金を調達しようというもの。近年では起業家やベンチャー企業、中小企業がなかなか信用を得られないことから、金融機関等の融資とは別に、クラウドファンディングによって事業資金を得る動きも増えてきた。

 同セミナーはこうしたニーズに応える内容で、効果的な活用方法を学べる機会となる。活用すれば自社の技術力や商品のプロモーションによって、顧客獲得につなげられる効果も期待できそうだ。

 予定している講師は、ミチバタ・ジャパン・リミテッド代表取締役の道端俊彦氏と、ミュージックセキュリティーズ西日本支社長の杉山章子氏を予定。このうち、ミュージックセキュリティーズは、資金獲得希望者と出資希望者をつなぐクラウドファンディングサイト「セキュリテ」を運営しており、同社サイト上で実際に資金を獲得した株式会社松井泉の代表取締役、松井利行氏がクラウドファンディングの体験談を話す。

 松井泉は大阪府堺市で40年以上続くあなご専門店だが、「セキュリテ」上で「松井泉 堺名物あなごファンド」として出資者を募ったところ、計168人から総額1050万円の資金を調達。Webシステムの構築費用と原材料仕入代金にあてることができた。

 開催日時は9月29日の14~17時30分。会場は堺商工会議所2階大会議室(大阪府堺市北区長曽根町)で定員は50名。受講料は無料。先着申込順締切で、現在参加者を募集している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

    国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  2. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  3. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  6. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  7. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  8. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  9. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  10. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

アクセスランキングをもっと見る

page top