【地方発ヒット商品の裏側】鎌倉生まれの和服の未来、作務衣ブランド「鎌倉三衣」の世界挑戦 画像 【地方発ヒット商品の裏側】鎌倉生まれの和服の未来、作務衣ブランド「鎌倉三衣」の世界挑戦

インバウンド・地域活性

 14年のブランド設立と同時にクラウドファンディングで100万円を超える資金を調達。その後の1年間で海外の市場や見本市への展開を視野に入れるなど、急成長を遂げた和服ブランドがある。北鎌倉の駅前に軒を構える「鎌倉三衣」。約350山の寺社仏閣を擁するこの地で、作務衣の製造と販売を手掛ける会社だ。

 創業者の鈴木瞬氏は、12年に自治体デザインコンテスト「未来自治体」で、鎌倉市におけるグランプリを受賞。そのビジョンを実現するためにNPO法人を立ち上げると、着物で町のコミュニティを活性化するために、鎌倉市と共同で様々な取り組みに携わってきた。

 とはいえ、この鈴木氏、実は元々は和服業界に携わっていた人物ではない。かつては発展途上国の開発支援を手掛けたり、エンジニアとしてシステム開発の会社を立ち上げたこともある、この業界ではちょっと変わった経歴の持ち主だ。

■作務衣ビジネスで国内の和服文化を未来へつなぐ
 そもそも鎌倉三衣という自社ブランドを立ち上げた目的は、和服文化の振興にあるという。かつて、発展途上国の開発を支援する中で、いくつもの伝統産業が消えていく様子を目の当たりにした鈴木氏。その目線で国内を振り返ると、ライフスタイルの根幹となる衣食住のうち、和服の文化だけが目に見えて衰退していると感じたという。

「言ってみれば和服というのは、コスプレに近いカテゴリになっているんです。成人式や結婚式などで着るための衣装。もちろん、民族衣装にはそういう側面もあるべきです。しかし、次の時代に合わせた継承を行わなければ、新たなビジネスは生まれませんし、技術を先に進めるための体力も失われてしまいます」

 だから、和服で純粋にビジネスをする。製糸、染色、縫製など国内の職人がもつ仕事を増やさなければ、衰退は避けられないというのが鈴木氏の考えだ。しかし、今の洋服を中心とした服飾文化に、いきなり和服を提案するには無理がある。洋服と和服、その橋渡しをするものは何か。それを考えたときに、鈴木氏の頭の中に浮かんだのが作務衣だった。

 作務衣とは禅の修行の中で、お坊様が作務……つまりは掃除や畑仕事といった雑事をこなす際に着るものとして、昭和初期から使われ始めた衣装のこと。前で合わせて紐を結ぶだけと身に着けやすく、ゆったりとしたフォルムで着心地も良い。甚平などと同じで、日々の生活にも比較的に取り入れやすかった。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

    ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

  3. 建築物のひび割れ、ドローンで補修

    建築物のひび割れ、ドローンで補修

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  6. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  7. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

アクセスランキングをもっと見る

page top