千葉商科大、高校生に「地元再発見」を募る 画像 千葉商科大、高校生に「地元再発見」を募る

インバウンド・地域活性

 「地元再発見コンテスト」と名付けて高校生を対象に、優れた技術を持つ中小企業などを調査してもらい、地域の魅力を掘り起こすコンテストを行っている千葉商科大学(千葉・市川市)が本年度の募集を始めた。

 中小企業のほか、特産品、伝統文化・技術などを生かし、どのように、地域社会の活性化に生かすかを考えてもらう。昨年度は、和紙づくりを体験できる工房とフラワーガーデンを組み合わせた結婚式プランを最優秀賞に選んでいる。長野県の高校生がまとめたもの。

 審査は同大学の教員、学生が担当。10月2日までに、「自分で探し出した地元の自慢できるもの・ことの紹介」「それを活用して地域を活性化し、地元の人々を元気にする新しいビジネスプランのアイデア」などを応募用紙に記して送る。最高で10万円の奨学金を用意している。

 応募課題は「地元の自慢を探し出し、ビジネスにつなげよう」。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道新幹線開業に向け、ソフト・ハードで進む沿線自治体の準備

    北海道新幹線開業に向け、ソフト・ハードで進む沿線自治体の準備

  2. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

    JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  3. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

    八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  4. 宮古~釜石間の鉄道、震災からの復旧計画通り。三陸鉄道への移管準備も

  5. 増加するインバウンド、貸切バスの臨時営業区域・設定を延長へ

  6. 福島県相馬市で新庁舎が完成。復興から一つの山を越えた

  7. ■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

  8. ESRが兵庫県尼崎市に国内最大級の物流施設。延べ39万平米

  9. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  10. ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

アクセスランキングをもっと見る

page top