千葉商科大、高校生に「地元再発見」を募る 画像 千葉商科大、高校生に「地元再発見」を募る

インバウンド・地域活性

 「地元再発見コンテスト」と名付けて高校生を対象に、優れた技術を持つ中小企業などを調査してもらい、地域の魅力を掘り起こすコンテストを行っている千葉商科大学(千葉・市川市)が本年度の募集を始めた。

 中小企業のほか、特産品、伝統文化・技術などを生かし、どのように、地域社会の活性化に生かすかを考えてもらう。昨年度は、和紙づくりを体験できる工房とフラワーガーデンを組み合わせた結婚式プランを最優秀賞に選んでいる。長野県の高校生がまとめたもの。

 審査は同大学の教員、学生が担当。10月2日までに、「自分で探し出した地元の自慢できるもの・ことの紹介」「それを活用して地域を活性化し、地元の人々を元気にする新しいビジネスプランのアイデア」などを応募用紙に記して送る。最高で10万円の奨学金を用意している。

 応募課題は「地元の自慢を探し出し、ビジネスにつなげよう」。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

    川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  2. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

    追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  3. 埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

    埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

  4. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  5. 宮城県の松島水族館跡地活用、観光複合施設に/事業者は丸山

  6. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  7. リニア新幹線、天竜川橋梁の詳細設計着手へ/品川~名古屋間で2番目に長い橋梁

  8. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  9. 岐阜県可児市の子育て/健康/にぎわい空間施設の基本設計案公表、2棟構成で来年9月着工

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top