ネットからの集客、PCとスマホのどちらを優先? 画像 ネットからの集客、PCとスマホのどちらを優先?

IT業務効率

 ニールセンは25日、Eコマースの利用状況についての調査結果を発表した。

 同社ではインターネット視聴率を「Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)」で、PCからのインターネット視聴率を「Nielsen NetView(ニールセン・ネットビュー)」でそれぞれ調査・分析している。これによると7月のインターネット利用時間をスマホとPCで比較すると、スマホが7割を占めた。

 また、利用内容をカテゴリ別にみた場合のスマホの割合は、「エンターテインメント」が72%、「サーチ、ポータルとコミュニティ」が71%とシェアが高いが、「Eコマース」は49%でPCとほぼ互角だった。

 「Eコマース」の中でも、さらにサービス内容をみていくと、「ZOZOTOWN」「ユニクロ」「リアルリアル」による「ファッションサイト」は64%、「Amazon」「楽天市場」「Yahoo! ショッピング」による「大手ECサイト」は56%と、ともにスマホでの利用時間が過半数となった。

 一方、「価格.com」「coneco.net」「最安値ナビゲーター」による「価格比較サイト」では50%で、利用時間はPCとスマホが同率だった。「ニッセン」「ベルメゾン」「ジャパネットたかた」による「通販会社サイト」については、36%とPCでの利用が主流となっている。

 画面が大きいPCでじっくりと商品情報をチェックしたいというユーザー心理に表れか、通販サイトの利用はスマホよりもPCのほうが優位となっている。しかし、他のカテゴリや他のサービスでスマホのシェアが高いことを考えると、インターネットの集客を伸ばす上で、今後スマホへの対応にも力を入れたい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  2. “空気を読む”AIを目指す/ホンダが考える AIとは?

    “空気を読む”AIを目指す/ホンダが考える AIとは?

  3. 「一人負け」状態のタクシー業界、ITとの組み合わせで激変できるか?

    「一人負け」状態のタクシー業界、ITとの組み合わせで激変できるか?

  4. 万引き防止ゲートをRFID対応に――在庫管理にも応用可能

  5. 飛島建設、沖電気工業/現場監視システム開発に着手/映像認識活用、18年度実用化へ

  6. 「Staple Pulse for HANJO HANJO」をご利用のお客様へ

  7. ICT土工、動き出す!技術者養成へ研修案

  8. 地震後のビル被災度判定システムが好評! 低価格で導入可能

  9. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

  10. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

アクセスランキングをもっと見る

page top